オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿沼市で雨樋修理を火災保険適応で交換工事をしました。


施工前の全景です
施工前の全景です。

 雪の影響で軒樋の繋ぎが取れてしまい、雨水が漏れているので修理して欲しいとのご依頼です。
 雪での破損の場合火災保険の自然災害による損害(雪害)にあたる為、火災保険適応で着工になりました。
破損個所です
破損個所です。

 軒樋と外曲がりの接続が外れてしまい、雨水が漏れていたようです。
 本来は外曲がりの溝に軒樋が差し込まれ、ボンドで固定してありますが、雪の重みで外れてしまったと推測されます。
軒樋を撤去しました
軒樋を撤去しました。

 軒樋を撤去すると軒樋金具が曲がってるのが良くわかります。既存の軒樋支持金具は、ステンレス製の打ち込み受け金具ですが外側に大きく曲がり下に下がっています。
軒樋金具を撤去しました
軒樋金具を撤去しました。

 写真では解りずらいのですが、破風板は銅板巻きです。
 傷を付けないようにバールで軒樋支持金具だけ外側に打ち取り外しました。
金具穴のコーキングです
コーキングをしました。

 既存の軒樋金具は打ち込み式ですので、取り外した跡の金具穴を変性コーキングで全て防水処理しました。
 打ち込み式金具は取り外すと5ミリ角の穴が残り、そのまま新規の軒樋支持金具を取り付けてしまうと、雨水が浸入して銅板破風板金の中にある鼻隠しが傷んでしまいます。
墨を打ちました
墨打ちをしました。

 新規の軒樋金具を取り付けるのに、本来正面打ち金具の場合、軒樋金具取り付け穴跡が基準になりますが既存の金具は打ち込み式で立ち上がりの異なる金具で傾斜調整をしていましたので金具穴が基準になりません。
 集水器に対して下り傾斜の墨を打ち、金具の取り付け位置を決めました。
軒樋金具を取り付けました
軒樋金具を取り付けました。

 今回使用する軒樋支持金具は、ステンレスとカーボネイト製の出調整が30ミリ~60ミリまでできる、スライド式吊り金具です。
 さびに強く頑丈です。
軒樋を取り付けました
軒樋を取り付けました。

 今回使用する軒樋はパナソニック製グランスケアPC-60
です。
 亜鉛鋼板にシリコン樹脂をコーティングした、軒樋では最高級クラスの耐候製と耐久性があります。
2020,2,7更新

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鹿沼市でグランスケア使用の火災保険適用雨樋交換工事をしました

施工前の軒樋の状態です
軒樋を取り付けました
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック グランスケアPGR60
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

宇都宮市で火災保険を適用してパナソニック製グランスケア雨樋交換工事をしました。

雨樋、雨漏り
雨樋、取り付け後
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック製グランスケア
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
50万円
施工事例

宇都宮市で火災保険適用で雨樋の交換工事をしました。

雨樋、施工前
雨樋、施工後
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック、アイアン丸105パイ
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
60万円

同じ地域の施工事例

施工事例

鹿沼市でグランスケア使用の火災保険適用雨樋交換工事をしました

施工前の軒樋の状態です
軒樋を取り付けました
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック グランスケアPGR60
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玄関屋根の雨樋の取り付けです

日光市で軒天重ね葺きで化粧べニアをフィニッシュネイルで固定しました。 横打五丁流れ金具を取り付けていきます。 五丁流れとは、支持金具自体を番号順に取り付けていくと水勾配が取れる支持金具で、1は水上に使用し2,3,4,5と水下に取り付けていき...........

施工前の全景です

日光市で軒天重ね葺きとエスロンで雨樋交換工事の着工です。 施工前の全景です。 雨が降ると軒樋の中心から、雨水が滝のように落ちてくるので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 雪での破損との事で、火災保険の自然災害(雪害)に...........

補修用の養生をしました

日光市で屋根外壁塗装と火災保険適応雨樋交換工事の完工です。 外壁の補修中です。 養生を剥がしたとき外壁塗料も一緒に剥がれてしまった所を補修するために、見切り線に沿ってマスキングテープを貼り養生しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259