オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市築30年の洋風住宅、雨樋の火災保険申請で現場調査実施。


日光市O様雨樋
築30年のお洒落な洋風住宅の東側玄関を中心に撮影。

特に大屋根の雨樋、地域的に遅い春を迎える事で、なかなか溶けない雪が雨樋に残り変形、雪の重みで支える金具が下方に曲がり、勾配が取れなく成り、ダウンしています。

大雨の時には、雨が樋の変形している所と繫ぎ目より地上に落下、蟻地獄もびっくり、泥を跳ねて大事な外壁にへばり付き、塗装の劣化を早めます。雨樋の早めの交換を、お勧め致します。

日光市O様雨樋
邸宅の南面。平屋の増築(切妻屋根)部分も含め、撮影。

天高く雨樋傷む秋。上空に映し出された大屋根、下屋根部分の雨樋、雪が何時までも溶けず名残雪に成り、とどまる事で雨樋が変形、雪の重みで膨らみ、支える金具が、雪の重みに耐えかね支える事が出来なく成り地上にお辞儀している状態。

このままですと、降雨時に地上に叩きつけ、泥を伴い跳ね、外壁も傷める結果に。

今回、雪害で火災保険で見てくれる事から火災保険に加入して頂いていて良かったです。
日光市O様雨樋
邸宅西側の大屋根の撮影です。

雨樋下から見ても大きく変形、大雪が降り隣地建物との間が無い為、余計にお日様が差し込まず雪が溶けにくく何時までも雪がしがみ付き雪の重さにも支えてる金具が謝って下を向いています。

地上に雨が落下。
隣地建物にも地上の泥を跳ね、外壁にこびり付き、塗装面を劣化させます。早めに雨樋の機能を回復させましょう。
日光市O様雨樋
建物北面の大屋根部分の撮影です。

雨樋に雪が何時までも残り、時間を掛けて少しずつ雪が溶ける際に雪の体積が膨らみ、より重く成る為、雨樋が変形、膨らんでいる状態で支え金具もたまらず曲がって、隣地の黄緑色の雑草のキャンパスにくっきり浮かび上がっています。

大雨の時に地上に雨を打ち付け、外壁を傷めますので早めの雨樋の交換を、お勧め致します。

このままですと大雨が降った際、雨が下に落下する時に、外壁の劣化を早めますし、大雨時に破風、天板に雨が侵入伝い部屋の天板、押し入れに雨染みを作る事に成り兼ねません。
日光市O様雨樋
寄棟屋根の棟の撮影です。

鉄板に打ち付けている釘が浮いている状態です。多分、抜き板(野地板の上部の板)が、腐食して傷み、打ち付けている釘がたまらず浮き上がってしまっている事を現します。

このまま放置すると、強風時に棟部分の板金が飛ばされ、近隣にも迷惑を掛ける事に成り兼ねませんし、大事な屋根から部屋に雨が忍び込み雨漏れの原因にも成ります。
ご注意を。
日光市O様雨樋
南面下屋根の雨樋です。

増築部分の建物との間に挟まれている状態です。下屋根が増築(平屋建て)屋根に圧迫され雨樋が下屋根のカラーベストコロニアル葺きを浮き上げています。

このままですと、大雨が降り続いた時や、台風が来た時に雨が野地板を傷め腐らせ、部屋の天井に染み、雨漏れを起こす事に成ります。

雨樋までも変形、支えてる金具も悲鳴を上げ、どうにも成らず、勾配も取れなく、雨が地上落下、パラシュートも無い為、激しく落ち外壁を傷める事に成ります。早めの処置を。
日光市O様雨樋
増築部分の平屋建て(切妻屋根)西側の屋根の撮影です。

何回も雪が降り、春先迄溶けない為、放置し続けしまいに泣き腫らした軒樋が、たまらず一部金具を残し地上に落下。(破損雨樋が、下に落ちています。)少雨でも雨音を立て地上に降り立ち、泥を跳ね外壁や隣地に飛び跳ねます。

外壁の猛烈な劣化を促し傷め、場合によると、隣地からのクレームを頂く事にも成り兼ねません。御覧の様に屋根の塗装も永らくしていない為、塗装面も禿げ、湿気も多く、苔まで発生、おまけに棟部分の釘も完全に外れ、そっぽを向いた為、板金が大きく浮いた状態です。

降雨時、あちらこちらから雨が建物に侵入、雨漏れを作っている事でしょう。怖い事です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鹿沼市でグランスケア使用の火災保険適用雨樋交換工事をしました

施工前の軒樋の状態です
軒樋を取り付けました
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック グランスケアPGR60
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

宇都宮市で火災保険を適用してパナソニック製グランスケア雨樋交換工事をしました。

雨樋、雨漏り
雨樋、取り付け後
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック製グランスケア
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
50万円
施工事例

宇都宮市で火災保険適用で雨樋の交換工事をしました。

雨樋、施工前
雨樋、施工後
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック、アイアン丸105パイ
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
60万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

小山市H様雨樋外観

小山市に銅板雨樋の火災保険申請の現場調査に行って来ました。  小山市に雪で雨樋が破損した所があり、雨水が溢れて困っていると言う事で、火災保険に申請する写真等を撮りに行って来ました。

施工前の全景です

施工前の全景です。 総2階造りの寄棟住宅で、軒樋が雪の影響で外に曲がってしまい雨水が落ちてくるので、修理して欲しいとのご依頼です。 雪での破損の場合、火災保険の自然災害による損害(雪害)に該当する事を提案させていただき、着工となりました。

施工前の状態です

鹿沼市の商業施設でパナソニックのアイアンを取り付けました。 施工前の雨樋の状態です。軒樋が雪の荷重で、大きく外側に膨らんでいます。 軒樋金具も下に下がって、全体的に軒樋がおじぎしている状態です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259