オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市で軒天重ね葺きとエスロンで雨樋交換工事の着工です。


施工前の全景です
日光市で軒天重ね葺きとエスロンで雨樋交換工事の着工です。
 施工前の全景です。
 雨が降ると軒樋の中心から、雨水が滝のように落ちてくるので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。
 雪での破損との事で、火災保険の自然災害(雪害)に該当する事を提案させていただきました。
軒樋の破損個所です
軒樋の破損個所です。

 軒樋の中心部分が外に大きく広がり、金具ごと下に落ちている状態です。
 これでは傾斜が崩れて、軒樋から雨水が落ちてきます。
軒樋を撤去しました
軒樋を撤去しました。

 板金製の軒樋を取り外しやすい1800ミリ前後に切ってから撤去しました。
打ち込み金具跡です
撤去後の、破風板の状態です。

 打ち込み金具を抜いた、5ミリ角の穴が開いています。
 このままでは雨水が入り、破風板を傷めてしまいます。
防水処理をしました
防水処理をしました。

 打ち込み金具跡にシーリング材を詰めて、防水処理をしました。
軒樋金具を取り付けました
軒樋金具を取り付けました。

 集水器に向かて下り傾斜を付けた、両端の軒樋金具に糸を張り、基準にして金具を取り付けていきます。
 今回取り付けた軒樋金具はスチール製105ミリ2寸出正面打ち受け金具傾斜なしです。
軒樋を90度に繫ぎました
軒樋を90度に繫ぎました。

 寄棟屋根の出隅で、軒樋を90度に繫ぐ為に外曲がりを取り付け、ボンドで固定しました。
軒樋を突き合わせで繋ぎました
軒樋を突き合わせで繋ぎました。

 1本3600ミリの軒樋を軒継ぎ手で、突き合わせで繋ぎました。
 今回使用している軒樋はエスロンで硬質塩化ビニル素材でできているのでしなやかな復元力で荷重に耐えます。
 また高耐候の特殊樹脂を被覆しているため、紫外線の色あせを抑えて施工当初の美しさを永く維持します。
止まりを取り付けました
止まりを取り付けました。

 軒樋に流れる雨水を止めたい場所に、止まりを付けました。
排水穴を開けました
排水穴を開けました。

 集水器取り付け位置の軒樋に、ホールソーで60パイの排水穴を開けていきます。
排水穴に切り込みを入れました
排水穴に切り込みを入れました。

 風や振動で集水器が移動するのを防止するためと、排水穴から落ちた雨水が集水器外へ漏れるのを防ぐために、切り込みを入れて下に折り曲げました。
集水器を取り付けました
集水器を取り付けました。

 今回の雨樋交換工事は軒樋と集水器のみの交換になりますので、既存の呼び樋のエルボーを集水器につなげて終了です。

軒樋の取り付けが終了しました
施工後の雨樋の状態です。

 今日はここまで
 また明日。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鹿沼市でグランスケア使用の火災保険適用雨樋交換工事をしました

施工前の軒樋の状態です
軒樋を取り付けました
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック グランスケアPGR60
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

宇都宮市で火災保険を適用してパナソニック製グランスケア雨樋交換工事をしました。

雨樋、雨漏り
雨樋、取り付け後
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック製グランスケア
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
50万円
施工事例

宇都宮市で火災保険適用で雨樋の交換工事をしました。

雨樋、施工前
雨樋、施工後
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック、アイアン丸105パイ
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
60万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

施工前の全景です

日光市でパナソニック製アイアンを使い雨樋の交換工事をしました。 施工前の全景です。 軒樋の繋ぎ目から、雨水がぽたぽた落ちてくるので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 雪の荷重での破損との事で、火災保険の自然災害(雪害)...........

玄関屋根の雨樋の取り付けです

日光市で軒天重ね葺きで化粧べニアをフィニッシュネイルで固定しました。 横打五丁流れ金具を取り付けていきます。 五丁流れとは、支持金具自体を番号順に取り付けていくと水勾配が取れる支持金具で、1は水上に使用し2,3,4,5と水下に取り付けていき...........

補修用の養生をしました

日光市で屋根外壁塗装と火災保険適応雨樋交換工事の完工です。 外壁の補修中です。 養生を剥がしたとき外壁塗料も一緒に剥がれてしまった所を補修するために、見切り線に沿ってマスキングテープを貼り養生しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259