オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

真岡市で防水シートを貼り横暖ルーフきわみを施工しました。


防水シートを貼りました
防水シートを貼りました。

 横暖ルーフきわみのスターターを取り付けてから野地板に防水シート(ルーフィング)を貼っていきます。
 タッカーというホチキスを大型にしたようなもので留めていくのですがハンマータッカーという金槌のようにルーフィングを打っていくとピンがでて勝手に止めて行ってくれる優れ物もあります。
ケラバ水切りを取り付けました
ケラバ包みを取り付けました。

 この部材は水きりと捨て谷が合わさったようなもので万が一屋根材とケラバの間から雨水が浸入してしまった時軒先まで流してくれます。
棟板金の垂木を取り付けました
大棟の垂木を取り付けました。

 棟板金の中心が屋根の1番高い所に来るように垂木を取り付けていきます。木材は曲がっているので墨を打って曲がりを調整しながら取り付けていきます。
横暖ルーフきわみを施工中です
金属製屋根材を貼っていきます。

 軒先のスターターの位置に合わせて千鳥に横暖ルーフきわみを貼って行きます。材料が少し無駄にはなりますが千鳥に貼るととても綺麗に仕上がります。ちなみに通常は繋ぎ目が階段状になってしまいます。
施工後の全景です
全ての工程が終了しました。

 大棟の板金を取り付けて最後に釘跡や板金を加工した時の繋ぎをコーキングで止めて終了です。今回使用した金属製屋根材はニチハの横暖ルーフきわみで耐久性 耐酸性 に優れた特殊塗料により 塗膜10年保証です。
 これで雪や雨水 紫外線から家を守ってくれるでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

墨を打って下地を加工しました

矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました。 板金下地の加工中です。 30×40ミリの下地を取り付け寸法に墨を打ち、カットしていきます。

ルーフに墨を打ちました

矢板市で横暖ルーフSを使い屋根の葺き替え工事をしました。 ルーフを測りました。 寄棟部分の、軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。

ツマアングルを取り付けました

宇都宮市の折板屋根葺き替え工事で大型雨樋を取り付けました。 ツマアングルを取り付けました。 ツマアングルの固定穴に、タイトフレームのボルトを通しました。 この時、ツマアングルがタイトフレームのボルト下部まで入る事を確認して取り付けていきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259