矢板市で和瓦から横葺き板金屋根に葺き替え工事の着工です。


施工前の全景です
矢板市で和瓦から横葺き板金屋根に葺き替え工事の着工です。
 施工前の状態です。
 東日本大震災で棟が崩れて、熨斗瓦なしの棟に組み直した住宅で、再度地震などの影響で屋根が崩れないように2階の屋根を軽量の横葺き板金屋根(ニチハ 横暖ルーフS)に葺き替えます。
施工前の南面の状態です
施工前の2階屋根の状態です。

 瓦の蛇行や浮きもなく、見た目にはきれいに葺かれています。
施工前の入母屋の状態です
入母屋部分の施工前の状態です。

 入母屋部分は地震の影響を受けずに済んだようです。
施工前の谷樋周りの状態です
谷樋周りの施工前の状態です。

 北面も棟だけが組み直されている状態です。
昇降機の柱を立てました
昇降機の梯子を立てました。

 足場のステージに和瓦を下ろす為に、昇降機の梯子を掛けて足場に固定しました。
昇降台をセットしました
昇降機の荷台をセットしました。

 3030ミリのルーフも上げますので植木などが邪魔にならない所にセットしました。
丸瓦のラバーロックを切ました
ラバーロックを切ました。

 丸瓦がずれないように、瓦同士をシーリング材で固定してありますので、カッターで切り込みを入れて切っていきます。
丸瓦の撤去中です
丸瓦の撤去中です。

 銅線を外して1枚づつ外していきます。
丸瓦の撤去が終了しました
丸瓦の撤去が終了しました。

 鬼首瓦と繋がっている最後の丸瓦は、鬼首と一緒に取り外します。
台面の撤去中です
台面を取り外し中です。

 棟木の周りに漆喰で台面が造ってありますので、棟木の隙間に皮すきを入れて撤去していきます。
胸キュンパワーを撤去中です
棟木を取り外しました。

 棟木を固定する金具(胸キュンパワー)が野地板にビスで固定してありますので、棟木を外してから金具も撤去しました。
大棟の撤去が終了しました
棟の撤去が終了しました。

 丸瓦と棟木、台面の撤去が終了しました。
丸瓦の撤去中です
地瓦の撤去中です。

 ここからは力作業です。永遠と2000枚近い地瓦を取り外して運びます。
足場ステージの状態です
足場ステージの状態です。

 昇降機で降ろしていますが間に合わず、ステージに撤去した地瓦が溜まっていきます。
瓦置き場の状態です
瓦置き場の状態です。

 施主様宅は敷地が広い為、空き地に瓦を積んでいきます。
入母屋部分の撤去中です
入母屋部分の瓦の撤去中です。

 ここは震災の影響を受けず、熨斗瓦も残っていますので銅製の水切りを残して撤去していきます。
入母屋部分の瓦が撤去されました
入母屋部分の瓦撤去作業が終了しました。

 瓦と貫き板、漆喰が撤去されさっぱりした感じです。
屋根全体の瓦が撤去終了です
南面の撤去後の状態です。

 桟木を残して瓦全体の撤去作業が終了しました。
屋根の清掃中です
屋根の清掃中です。

 瓦の中にスズメの巣がたくさんあり、このままでは風で飛んでしまうので掃き掃除してきれいにしました。

 

 
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 今日はここまで
 また明日。

 

 

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金の加工寸法を測ります

矢板市の瓦屋根から横段ルーフに葺き替え工事が完工しました。 棟板金の加工寸法を測りました。 棟板金とけらば包み板金の取り合いを納める為に、寸法を測って加工します。

施工前の全景です

下野市で瓦屋根から横暖ルーフSに葺き替え工事をしました。 施工前の全景です。 台風で1階の棟板金が飛び、2階も雨漏りがするので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 施主様とご相談の結果、1階の瓦棒板金屋根をカバー工法で、...........

有効寸法を測りました

矢板市の屋根葺き替え工事でケミカル面戸と板金を取り付けました。 昨日の続きで横暖ルーフを取り付けていきます。 有効幅が260ミリになるように1枚取り付けたら、確認しながら取り付けます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259