オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

矢板市で野地板とアスファルトルーフィングを取り付けました。


桟木を撤去中です
矢板市で野地板とアスファルトルーフィングを取り付けました。
 既存の桟木を取り外しました。
 昨日、瓦の撤去と清掃が終了していますので、今日は既存の桟木を取り外していきます。
 既存のルーフィングの上から野板を貼りますので、ルーフィングを破らないように取り外しました。(雨仕舞には関係ありませんが野地板に不陸が出ます)
野地板の固定中です
野地板を固定中です。

 瓦の出と同じ長さ分軒先側に野地板を出してから、釘打ち機で固定していきます。
 軒先側の下地になる鼻隠しを狙って、釘を打ちました
北面の野地板取り付け中です
北面の野地板取り付け中です。

 けらば部分の90度を確認して貼り始め、軒先の直線を合わせていきます
 谷樋部分は、既存の入り隅通りに野地板を斜めに切って取り付けました。
北面の野地板が貼り終わりました
北面の野地板取り付けが終了しました。

 3×6板の野地板を加工して隙間なく、軒先の出が直線になるように取り付ける事が出来ました。
 軒先が直線状に取り付けないと、この後取り付けるスターターが曲がり、ルーフも曲がってしまいます
母屋部分の野地板取り付け中です
入母屋部分の野地板を貼り付け中です。

 既存の瓦が葺いてあった場所の内側まで野地板を貼り込んでいきます。
 細かい柱などの凹凸通りに野地板を加工して取り付けました。
南面の野地板取り付け中です
南面のルーフの1枚目を取り付けました。

 北面と一緒で軒先側の1枚目の出を既存の瓦の出と合わせて破風板に釘を効かせるように、固定しました。
ルーフィングの取り付け中です
ルーフィングを貼り付けました。

 軒先側にスターターを取り付ける隙間を50ミリほど空けて、アスファルトルーフィングをタッカーで野地板に固定しました。
 タッカーとは、ホチキスの大きいバージョンです。
棟をルーフィングで覆いました
アスファルトルーフィングで棟を覆いました。

 ルーフィングは軒先と平行に貼り付けますが、下り棟などは覆い被せてからカッターで切り固定します。
 棟を覆う事により万が一ルーフィングの上に雨水が入った時、野地板に染み込まず、軒先まで雨水を運んでくれます
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 ルーフィングが貼り終りました。

 今日はここまで
 また明日。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

墨を打って下地を加工しました

矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました。 板金下地の加工中です。 30×40ミリの下地を取り付け寸法に墨を打ち、カットしていきます。

ルーフに墨を打ちました

矢板市で横暖ルーフSを使い屋根の葺き替え工事をしました。 ルーフを測りました。 寄棟部分の、軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。

ツマアングルを取り付けました

宇都宮市の折板屋根葺き替え工事で大型雨樋を取り付けました。 ツマアングルを取り付けました。 ツマアングルの固定穴に、タイトフレームのボルトを通しました。 この時、ツマアングルがタイトフレームのボルト下部まで入る事を確認して取り付けていきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259