オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

矢板市の屋根葺き替え工事でケミカル面戸と板金を取り付けました


有効寸法を測りました
矢板市の屋根葺き替え工事でケミカル面戸と板金を取り付けました。
 昨日の続きで横暖ルーフを取り付けていきます。
 有効幅が260ミリになるように1枚取り付けたら、確認しながら取り付けます。
釘打ち機で固定しました
ルーフを釘打ち機で固定しました。

 ルーフ同士の重ねを取りスクリュー釘で固定しました。溝に爪を押し付け260ミリを確認しながら固定しました。
ケミカル面戸を取り付けました
エミカル面戸です。

 ケミカル面戸とは、ウレタンフォームパッキンで棟板金とルーフの間からの風や雨水、虫などのの浸入を防ぎ気密性を高めます。
ケミカル面戸の取り付けが終了しました
エミカル面戸の取り付けが終了しました。

 棟やけらば、壁水切りの取り合いすべてにケミカル面戸の取り付けが終了しました。
剣先です
剣先です。

 隅棟の軒先側に取り付ける剣先で、本来は棟板金を加工して取り付けますが今回は、剣先の役物を取り付けました。
軒先側を加工しました
水切りを加工しました。

 剣先の軒先側に付いている水切りの下部を、切れ目を入れて板金掴みで折り返し、開かないように加工しました。
スクリュー釘で固定しました
剣先の固定中です。

 軒先側の出をルーフのスターターに押し付けて、スクリュー釘で隅棟下地に固定しました。
けらばと隅棟板金の取り合いの状態です
隅棟板金のけらばとの取り合いです。

 隅棟板金を、けらば板金下地に被せるように加工します。
破風板板金とルーフの取り合いの状態です
破風板金とルーフの状態です。

 今回は、和瓦を撤去してから屋根を葺きましたので、瓦の厚み分ルーフとの間に隙間ができます。
 雨水の浸入を防ぐ為に、板金を加工して塞ぎます。
平板金を加工しました
平板金を加工しました。

 銅板と類似色のブラウンのガルバニュウム鋼板を加工して、カバーを作りました。
破風板板金と加工した板金をリベットで固定しました
破風板金を加工中です。

 リベットを使い破風板金と加工した平板金を繋ぎました。
 
リベット加工が終了しました
平板金の取り付けが終了しました。

 ルーフとの間に隙間ができないように、ルーフに板金を押し付けリベットで固定して終了です。
隅棟板金の取り付け前の状態です
玄関屋根部分の棟板金取り付けです。

 大棟と隅棟が繋がる所を、巴に加工して繋ぎます。
重ねにシーリング材を塗布しました
板金同士を繋ぎました。

 軒先側に剣先を取り付け、棟板金の水きり部分に重ねの50ミリ分切り込みを入れてシーリング材を塗布しました。


棟板金同士を繋ぎました
棟板金同士を繋ぎました。

 切込みを入れた、50ミリの切り込みに奥まで押し込み、板金同士が真っ直ぐになるように取り付けました。
巴の納まりです
隅棟同士の繋ぎです。

 左右の隅棟が合わさる所を加工して、下地に固定しました。
シーリング材を塗布しました
シーリング材を塗布しました。

 雨水が巴部分ら侵入しないように、取り付ける前にシーリング材で防水処理しておきます。

 
大棟と隅棟の取り付けが終了しました
玄関屋根部分の役物取り付けが終了しました。

 真っ直ぐに棟板金の取り付けが終了して、きれいに仕上げる事ができました。
けらば板金包みを取り付けました
けらば包み板金の取り付け中です。

 けらば板金下地に板金を押し付け、側面と水きり側をスクリュウ釘で固定しました。
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 けらば板金まで取り付けて終了になりました。

 今日はここまで
 また明日。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

墨を打って下地を加工しました

矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました。 板金下地の加工中です。 30×40ミリの下地を取り付け寸法に墨を打ち、カットしていきます。

ルーフに墨を打ちました

矢板市で横暖ルーフSを使い屋根の葺き替え工事をしました。 ルーフを測りました。 寄棟部分の、軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。

ツマアングルを取り付けました

宇都宮市の折板屋根葺き替え工事で大型雨樋を取り付けました。 ツマアングルを取り付けました。 ツマアングルの固定穴に、タイトフレームのボルトを通しました。 この時、ツマアングルがタイトフレームのボルト下部まで入る事を確認して取り付けていきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259