オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

小山市でセメント瓦の平屋屋根を葺き直し工事をしました。


平瓦を葺きました。
小山市の平屋でセメント瓦の葺き直し工事をしました。

 平瓦を葺き直しました。
 軒先の地瓦の出を取り外し前と同じように調整して墨を引き、けらば側の1枚目と既存の取り外してない地瓦を基準に真っ直ぐに仮り置きしました。
ビスで固定します。
軒先1枚目の地瓦をビス止めしました。

 1枚の平瓦を2本のビスで固定していきます。左右のビスの締め付けを一定にして野地板に座りよく固定していき、セメント瓦のため強く締めすぎると割れますので強締め厳禁です。
棟調整をしました。
地瓦葺き直しが終了して棟調整をしました。

 蛇行した棟を直線状に直しました。風や地震の振動で瓦が動き棟が蛇行すると雨漏りの原因になりますので元に戻します。
鬼首に漆喰を巻きました。
鬼首を巻きました。

 雨水が入らないように水シャットで鬼首と丸瓦の隙間を埋めていきます。半乾きの状態になったら小手で押さえつけ密着させます。
 今回使用した漆喰は水シャットで漆喰にシリコンが練りこんであり、乾燥するとカチカチに固まり雨水を弾き、棟の中えの侵入を防ぎます。
棟尻に漆喰をつめました。
棟尻に水シャットを詰めました。

 棟違いの棟尻に漆喰を詰め、雨水の侵入を防ぎます。鬼首と一緒で半乾きになったら小手で押さえセメント瓦と密着させるように隙間を無くします。
 水シャットは本来薄塗りは厳禁ですが厚塗りの場合、表面と中の硬化時間に差がありますので圧着する事で乾燥した後のひび割れを防ぎます。
棟をコーキングでとめました。
変性コーキングでラバーロックをしました。

 平瓦と熨斗瓦、熨斗瓦と丸瓦を風や地震の振動でずれない様に変性コーキングで固定していきます。棟調整して直線状に整った棟瓦が再度ずれる事が無いように施工しました。
 ちなみに変性コーキングを使用するのはセメント瓦自体が水分を吸収するので劣化を防ぐために塗装が必要だからです。
施工後の全景です。
施工後の全景です。

 屋根の葺き直しが終了しました。見た目は既存の屋根の状態と一緒ですが雨や風、地震の振動などに強い屋根になりました。

 これで何時雨が降っても安心です。
 2020,2,29更新

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

施工前の全景です

壬生町で築60年住宅の入母屋部分を解体して切り妻屋根に葺き直します。 施工前の全景です。 セメント瓦葺きで、北面の入母屋部分の谷樋から雨漏りがあり、何度も修理しましたが改善されない為、入母屋部分を解体して切り妻屋根に葺き直します。

施工前の2階の棟の状態です

壬生町の屋根改修工事の5日目です。 施工前の2階の棟の状態です。 昨日までで入母屋屋根から切り妻屋根への改修工事が完工しましたので、今日は2階の棟三日月の漆喰詰め増し工事です。

ケミカル面戸を取り付けました

壬生町の屋根改修工事の4日目です。 面戸を取り付けました。 壁水切りを取り付ける下地に雨水が入るのを防ぐためのケミカル面戸を取り付けて防水処理しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259