日光市で外壁サイディングカバー工事をしました。


施工前の全景です。
施工前の全景です。

 既存のお客様で、前回は屋根塗装の仕事をご依頼いただいたのですが今回、玄関天井の雨漏りの現場調査でお伺いした所、ベランダの外壁からの雨漏りでした。
 外壁全体に貼ってある、窯業系サイディングの傷みが激しいということで、外壁の金属サイディングカバー工事が着工となりました。
雨もり個所です
雨漏り原因個所です。

 パラペットの窯業系サイディングと外壁の取り合いのコーキングが切れて10ミリくらい縦に隙間が出来ていました。
 本来ならシーリング材か見切り縁で防水処理してありますが、外壁がかなり傷んでいますので一緒に外れて、そのままになってしまったと考えられます。
 本当にここからの雨漏りなのか、ジョウロで水を入れてみました。
雨もり個所です
天井の雨染み個所を開けてみました。

 天井は5,5ミリの合板とジプトーンの2枚貼りで、穴を開けて覗いてみると、鉄骨の間から先ほど入れたジョウロの水が確認できました。
 かびて傷んたジプトーンも貼り替えますので、合板だけ戻しておきます。
配電盤を外しました
壁に付いているものを取り外しました。

 これから横葺きサイディングの下地の胴縁を取り付けますので配電盤や電話線、コンセントボックスなど、胴縁を取り付けるのに支障があるもの全部外壁から取り外していきます。
 写真は配電盤で本来地面に固定したいのですが、配線に余裕がないので足場から吊るしてあります。
胴縁を取り付けました
胴縁を取り付けました。

 これから横貼りサイディングを取り付けていきますが、まず胴縁と言う45×18の木材をサイディングの下地として縦に取り付けていきます。その時、窯業系サイディングには釘が効きませんので、既存のサイディングの釘跡を頼りに下地を見つけ、同じ場所に墨を打ち胴縁を取り付けていきます。
コンプレッサーです
コンプレッサーです。

 釘打ち機で胴縁を止めていきますが、欠かせないのがコンプレッサーです。電気式の静かなタイプで住宅街で取り扱うのにはもってこいです。
胴ぶち取り付け北面終了です
北面の胴縁の取り付けが終了しました。

 全体の4分の1程度の胴縁が取り付けられました。
 
 本日はここまで  
 また明日
 
 2020,2,12更新

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

2階の大屋根の施工目の状態です

宇都宮市で瓦棒板金屋根カバー工法で水切りとルーフィングを貼りました。 施工前の大屋根の状態です。 2階の瓦棒板金屋根です。2階と1階に雨漏りがあり見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 板金屋根自体にはさほど、さびの発生も...........

合羽の先端を加工しました

宇都宮市の瓦棒板金屋根でカッパと棟板金を取りつけました。 合羽を加工しました。 瓦棒の心木に被せる合羽の先端を、雨水が入る事の無い様に、板金はさみで切り込みを入れて加工しました。 箱折をしてから板金同士をかみ合わせます。

施工前の状態です

宇都宮市でトップライトの撤去と撤去後の和瓦屋根修復をしました. 施工前の状態です。 トップライト(天窓)からの雨漏りで、何度も屋根施工業者に修理をしてもらいましたが雨漏りが止まらず、今回撤去のご依頼をいただきました。 弊社でも年に3~4件ト...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259