オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

矢板市で強風による和瓦下り棟破損の現場調査に行ってきました。


施工前の全景です。
施工前の全景です。

 ホームページをご覧になってのお問い合わせです。強風の影響で平屋寄棟造りの下り棟の丸瓦が飛び破損しているので見て欲しいとのご要望です。
破損箇所です
下り棟の破損箇所です。

 丸瓦が2枚なくなり地面に落ちて割れていました。良く確認すると丸瓦が留めてある銅線が切れています。道路に面していますので銅線が切れた所に車や地震の振動で丸瓦がずれ強風にあおられ落下したものと考えられます。
銅線が切れています
銅線が切れています。

 4本ある下り棟で破損箇所と一緒で丸瓦を抑えてある銅線が切れています。銅線は昔と違い酸性雨などの影響で細くなり切れてしま事があり最近の屋根修理でも多々あります。
銅線が切れています
こちらも銅線が切れています。

 全体の半数近くの銅線が切れて丸瓦を抑える役割を果たしていません。
鬼首漆喰が外れてありません
大棟の棟尻です。

 漆喰が割れて無くなり棟尻に隙間が出来て雨水が入っています。このまま放置すると棟の面土を流し棟が落ちて崩れることにもなりかねません。
棟尻の漆喰が取れています
大棟の鬼首です。

 漆喰が外れ丸瓦と鬼首との間に隙間が開いています。棟尻と一緒で雨水が入り棟の破損に繋がります。
下り棟が蛇行しています
蛇行した棟尻です。

 今回の現場調査結果は丸瓦の差し替えは勿論、棟の調整が必要で風や振動で丸瓦が動かないように瓦専用のコーキングで熨斗瓦と丸瓦を固定する事と鬼首、棟尻の漆喰が必要な事を施主様にお伝えします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259