オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市で瓦棒板金屋根の塗装工事の現場調査に行ってきました


屋根の全景です
瓦棒金属屋根の全景です。

 7~8年前に上塗り1回だけで塗装工事をしましたが今回外壁塗装をする為、足場を組むので屋根の塗装が痛んでいる場合は塗装もしたいので見てほしいとのご依頼です。
ケラバ水切りです
ケラバ水切りです。

 前回の塗装した塗膜が剥がれ落ちています。本来、板金屋根は塗装をする前には高圧洗浄をして劣化した塗膜や汚れや埃を洗い流し、ケレンして塗装面に細かい傷を付けて塗料の密着性を高めます。そのあとさび止め、中塗り、上塗りとの工程をして完工するのですが上塗り1回では塗膜が剥がれるのは当然と言えば当然です。
瓦棒です
瓦棒の軒先です。

 推測ですがこの塗膜の浮き方は汚れの上から塗装したか、ケレンで劣化した塗膜を取り残した上から塗装したかのどちらかだと思います。
瓦棒です
瓦棒と雪止めの金具です。

 塗膜がひび割れています。冬、雪止めの雪の重みで瓦棒が動いたのかひび割れで塗装の役わりを果たしていません。
瓦棒です
さびが出ています。

 瓦棒にさびが浮いています。前回さびが出ているのにさび止めなしの1回塗りでしたので塗膜にさびが浮いてきてしまっています。
さびが出ています
板金の剥がれです。

 塗料だまりが浮いて剥がれたのか汚れの上から塗装して剥がれたのか塗膜が劣化してパリパリです。
全景です
屋根の全景です。

 塗膜が劣化して白く粉をふいたようになって指で絵が描けます。
 今回の現場調査の結果ですが板金屋根は塗膜でさびから素地を守っつていますのでこの状態では素地を痛めてしまいます。
 外壁塗装と一緒に屋根塗装も提案します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259