オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

栃木市のメールでお問い合わせの雨樋破損の現場調査に行きました


点検前の全景です
現場調査前の全景です。

 とても立派な2階建て和瓦のお宅です。入母屋造りの屋根には銅板製の雨樋が付いています。30年位前は銅製の雨樋は一生物で交換の必要がないといわれていましたが昨今酸性雨などで瓦から落ちた雨水が軒樋に穴を開けてしまい交換することが多くなっています。
1階の軒樋です
1階の軒樋です。

 雪止めが付いていないことを考えると雪の荷重で外側に大きく曲がったものと考えられます。
1階玄関上です
軒樋が大きく外に膨らんでいます。

 傾斜が崩れている証拠に雨水が溜まっています。流れが悪いので2階の予備樋から流れてきた土や砂が軒樋にたまり更に流れを悪くしています。


1階西側です
雨水が溜まっています。

 ここも外側に膨らんで雨水が溜まっています。
軒樋のゆがみです
1階の軒樋です。

 軒樋が歪んで波を打っています。多少修理をした箇所があるとを思われますが軒樋は1度曲がってしまうとまた荷重が掛かるとすぐ曲がってしまいます。
軒樋のふくらみです
2階の大屋根です。

 ここも軒樋が膨らんでいます。2階も雪止めが付いていないので長年の雪で曲がったのでしょう。
漆喰の剥がれです
2階の棟漆喰です。

 屋根やですので悪いところは目に留まります。漆喰も1度増し塗りしているようですが剥がれがかなり目立ちますので塗り時です。
 現場調査の結果雨樋の全交換が必要です。
 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259