オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

矢板市で雪のよる軒樋破損家屋の現場調査に行ってきました。


全景です
10・11現場調査家屋の全景です。

 軒樋が大雪の時に破損して外側に大きく曲がってしまい雨水が落ちてくるので見て欲しいとのご要望です。
 3段はしごを屋根に架けて調査していきます。
 
破損箇所です
2階の軒樋です。

 瓦屋根に雪止めが付いていないからか軒樋が外側に大きく曲がっています。
 屋根の傾斜で分かりにくいのですが軒樋金具から大きく曲がっています。
軒樋破損箇所です
2階テラス上の軒樋です。

軒樋の集水器に近い場所が、大きく膨らんでいます。既存の軒樋の傾斜もありますが出隅に向かって軒樋が落ちているのが写真でも確認できます。 
出隅の破損箇所です
2階、出隅の破損箇所です。
 
 出隅が割れて、雨水が溜まっていました。軒樋が外側に曲がった荷重で、出隅に負担がかかり破損したものと思われます。

 
軒樋金具が曲がっています
2階の軒樋です。

 やはり、集水器側が外側に膨らんでいます。ここも軒樋金具ごと外側に曲がっています。
 
止まりが外れています
1階玄関上です。

 軒樋が膨らんでいます。大雪が解けずに、軒樋に積もっていると雪の荷重で軒樋が曲がってしまいます。
 
IMGP3986-simple
止まりです。

 現場調査の結果は、軒樋と軒樋金具の全てを交換になります。
 今回の破損原因は大雪による破損ですので火災保険の自然災害(雪害)にあたることをお客様に提案したいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259