オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大田原市の切り妻屋根住宅の横葺き板金カバー工事が着工しました


施工前の全景です
大田原市の2階造り切り妻屋根住宅の横葺き板金カバー工事が着工しました。

 施工前の全景です。
 2階北面の中心部分にある部屋の天井からぽたぽた音がして雨漏りしているとの事で、現場調査の結果、着工となりました。
施工前の屋根の状態です
施工前の屋根の状態です。

 コロニアル屋根は今年1月に塗装したばかりで、素地もしっかりしていますのでこのまま高圧洗浄なしで施工に入ります。
 ちなみに屋根傾斜は7寸勾配ですので、屋根足場を架けての施工となります。
棟板金を撤去しました
棟板金を撤去しました。

 屋根カバー工事は、既存の屋根材の上から新規の屋根を被せて施工しますので、防水シートを平らに貼る為に屋根から障害物を全て取り除きます。
貫き板を撤去しました
貫き板を撤去しました。

 雨水が入っていたのか、ぽろぽろになって傷んでいました。
 今回のカバー工法では捨て谷とケミカル面戸が雨水の浸入を防ぎますので、棟に雨水が入ることはありません。
スターターの取り付け中です
スターターを取り付け中です。

 コロニアル瓦の軒先に押し当て、38ミリのビスで固定しました。
 1本約1800ミリの水切りスターターを30ミリ重ねて、取り付けていきます。
スターターの取り付けが終了しました
スターターの取り付けが終了しました。

 1枚目のルーフをスターターの溝に引っ掛けて貼り始まりますので、基準になるのがスターターです。
 スターターを直線状に取り付けることで、ルーフも真っ直ぐに取り付けることができます。
ルーフィングを貼りました
ルーフィングを貼りました。

 軒先のスターターと平行に1000ミリ幅の粘着性ルーフィング(防水シート)を貼っていきます。
 被せを100ミリ取り、軒先から棟に向かって貼っていきます。
北面のルーフィング貼り終了後の状態です
北面のルーフィング貼りが終了しました。

 天窓の納まりはルーフィングを50ミリ立ち上げてブチルテープ(防水テープ)で固定して、棟は南北に被せるように施工しました。
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 ルーフィングの貼り付けが終了しました。
 これで雨が降っても大丈夫です。

 今日はここまで
 また明日。
2020,5,14更新

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金を加工しました

宇都宮市で棟板金を取り付けて屋根カバー工事が完工しました。 棟板金の重ねを加工しました。 30ミリ取る重ね部分の水切りを斜めにカットして、上から重ねる板金がきれいに納まるように加工しました。

ルーフの固定中です

宇都宮市でケミカル面戸を取り付けてルーフの防水処理をしました。  先日最後に残ったルーフの貼り付け中です。 棟からの距離を測りながら、最後の一枚が同じ有効幅になるように調整しながら取り付けました。

ルーフの切断面です

宇都宮市でニチハ横暖ルーフSを使い入母屋のカバー工事しました。 横暖ルーフの切断面です。 今回使用した屋根材はニチハ横暖ルーフSで、発砲ウレタンにより断熱性と遮音性が向上して、既存の金属屋根に重ね葺きしますので、より向上します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259