オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿沼市の屋根カバー工法で横暖ルーフSを下屋根に葺きました。


スターターを取りつけました
鹿沼市の屋根カバー工法で横暖ルーフSを下屋根に葺きました。
 水切りスターターを取りつけました。
 1本1800ミリの水切りスターター同士を重ねを50ミリ取り、軒先に押し付け直線状に取り付けていきます。
 破風板の下地を狙い、38ミリのビスで固定しました。
ルーフィングを貼りました
粘着性アスファルトルーフィングを貼りました。

 防水処理の為、壁側のルーフィングを70ミリほど立ち上げて雨水が入らないように施工しました。
 全体のアスファルトルーフィングを貼り終わった後、雨水が侵入しないように防水テープで外壁に貼り付けます。
棟の状態です
棟をルーフィングで包みました。

 棟の左右からルーフィングを重ねて貼ることで、万が一板金の隙間から雨水が入っても軒先まで運んでくれます。
貫き板を取りつけました
貫きを取りつけました。

 ケラバ板金と棟板金取り付けの下地として30×40ミリの貫きを取り付けていきます。
貫きの取り付けが終了しました
貫きの取り付けが終了しました。

 けらば側は板金包み幅が60ミリの為、30×40を1本、棟板金は片山105ミリの為、2本取り付けました。
 貫きは隙間なく野地板に効かせて、ビスで固定しました。
捨て谷を取り付けました
捨て谷を取り付けました。

 貫き板が取り付けてある場所全てに捨て谷を取り付けていきます。
 捨て谷はこれから取り付けるルーフと棟板金の水切りの隙間から雨水が入った時、軒先まで運んでくれます。
1段目の取り付けをしました
ルーフを取りつけました。

 1枚目のルーフの爪ををスターターの溝に差し込み、直線を確認しながらルーフを貼っていきます。
ルーフを取りつけました
ルーフの取り付けが終了しました。

 有効幅の260ミリを測りながら取り付けて調整しながら、最後の1枚が壁と平行になるように取り付けました。
捨て谷との収めです
捨て谷との納まりです。

 ルーフの側面と捨て谷の間に、隙間なく取り付けることができました。
ケミカル面戸を取り付けました
ケミカル面戸を取り付けました。

 ケラバ包みの水切りとルーフの間から雨水が入るのを防ぐために取り付け、ルーフとの取り合いには全て取りつけました。

 今日はここまで
 また明日。
2020,3,28更新

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

同じ地域の施工事例

施工事例

鹿沼市でグランスケア使用の火災保険適用雨樋交換工事をしました

施工前の軒樋の状態です
軒樋を取り付けました
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック グランスケアPGR60
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根の解体が終了しました

高根沢町の屋根カバー工法で下屋根に横暖ルーフを貼りました。 下屋根の解体中です。 棟板金や壁水切り、雪止めなど、重ね葺きに障害になるものを撤去しました。 壁水切りをサンダーで切り取り,貫き板を取り外しました。

壁水切りを取り付けました

高根沢町で増築部の屋根重ね葺き工事が完工しました。  壁水切りを取り付けました。 左右の出隅から2700ミリの壁水切りを外壁に押し付けながら、ビスで貫き板と外壁に固定しました。  外壁にふりくがあり、波打っていますので細かく固定します。

棟板金の巴を加工しました。

高根沢町の屋根重ね葺き工事で棟板金を取り付けシーリングをしました。 棟板金を加工しました。 大棟の棟板金とけらば包みの取り合いを、棟板金を加工して収めました。寸法を測り、けらば包みに噛みこませ固定しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259