下野市の屋根重ね葺き工事で貫き板と捨て谷を取りつけました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

スターターを取りつけました
スターターを取りつけました。

 軒先の野地板の出を挟み込むようにスターターを取り付けていきます。スターターが曲がっているとルーフも一緒に曲がりますので直線を確認しながら取りつけました。
スターターの収まりです
スターターの取り付けが終了しました。

 300ミリ間隔で固定して、きれいに取り付けが終了しました。

 
棟の貫き板を取りつけました
貫き板を取りつけました。

 30×40ミリの角材を4本並べ、貫き板を造っていきます。隙間なく直線状に取り付けることで、仕上がりがきれいになります。
ケラバの下地を取りつけました
ケラバの下地取り付け終了です。

 野地板の出にあわせ、30×40ミリの角材をビスで固定しました。
壁水切りの下地を取りつけました
壁水切りの下地を取りつけました。

 外壁に沿って下地を取りつけました。
 これで下地の角材の取り付けが終了しました。
捨て谷を切り加工中です
捨て谷の切り加工中です。

 寸法を測り捨て谷を板金はさみでカットして取り付けていきます。
捨て谷を曲げ加工中です
捨て谷の曲げ加工中です。

 切れ目を入れた捨て谷を板金つかみで折り曲げ加工していきます。
捨て谷を取り付けました
捨て谷を取り付けました。

 貫き板にビスで固定していきます。捨て谷を押し付け貫き板より上に出ないように施工しました。
入り隅の収まりです
捨て谷の入り隅の収まりです。

 捨て谷は、雨水が万が一ルーフと役物板金の間から入った時、捨て谷の溝を伝って軒先まで雨水を運んでくれます。
最後の1枚です
最後の1枚です。

 2度目の登場、名前が判明しました。
 コーちゃん、女の子年齢不詳でしたー

 今日はここまで
 また明日。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

宇都宮市W様外観

宇都宮市にパナソニック製雨樋の破損による現場確認に行って来ました。所々、軒樋(軒先に付いている雨樋)が外側に膨らんでいるのが見えました。梯子を掛けて全体を見て行きます!

パラペットの上塗り中です

パラペットの上塗り中です。 看板との取り合いを刷毛でだめ込み塗装してから表面の広い部分をローラーで塗装しました。仕上げ塗装ですので刷毛目やローラー目が出ないように塗装しました。

本日の施工前の状態です

本日の施工前の状態です。 軒天のアクリルタイルが剥がれ浮いている状態で、ケレンまで終了して新しいアクリルタイルを吹き付けます。補修しない場所には養生をしました。