オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下野市の屋根重ね葺き工事で貫き板と捨て谷を取りつけました。


スターターを取りつけました
スターターを取りつけました。

 軒先の野地板の出を挟み込むようにスターターを取り付けていきます。スターターが曲がっているとルーフも一緒に曲がりますので直線を確認しながら取りつけました。
スターターの収まりです
スターターの取り付けが終了しました。

 300ミリ間隔で固定して、きれいに取り付けが終了しました。

 
棟の貫き板を取りつけました
貫き板を取りつけました。

 30×40ミリの角材を4本並べ、貫き板を造っていきます。隙間なく直線状に取り付けることで、仕上がりがきれいになります。
ケラバの下地を取りつけました
ケラバの下地取り付け終了です。

 野地板の出にあわせ、30×40ミリの角材をビスで固定しました。
壁水切りの下地を取りつけました
壁水切りの下地を取りつけました。

 外壁に沿って下地を取りつけました。
 これで下地の角材の取り付けが終了しました。
捨て谷を切り加工中です
捨て谷の切り加工中です。

 寸法を測り捨て谷を板金はさみでカットして取り付けていきます。
捨て谷を曲げ加工中です
捨て谷の曲げ加工中です。

 切れ目を入れた捨て谷を板金つかみで折り曲げ加工していきます。
捨て谷を取り付けました
捨て谷を取り付けました。

 貫き板にビスで固定していきます。捨て谷を押し付け貫き板より上に出ないように施工しました。
入り隅の収まりです
捨て谷の入り隅の収まりです。

 捨て谷は、雨水が万が一ルーフと役物板金の間から入った時、捨て谷の溝を伝って軒先まで雨水を運んでくれます。
最後の1枚です
最後の1枚です。

 2度目の登場、名前が判明しました。
 コーちゃん、女の子年齢不詳でしたー

 今日はここまで
 また明日。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

施工前の大屋根の状態です

日光市で大屋根の棟板金を撤去してから45ロックを貼り付けました。 施工前の大屋根の状態です。 下屋根のルーフ貼りが終了して、今日から大屋根のルーフを貼っていきます。 

サンバナです

日光市で45ロックの軒先を加工してサンバナを取り付けました。 サンバナです。 聞きなれない名称ですが、日本語で言うと軒先唐草です。 ルーフの軒先部分に取り付け、既存の瓦棒とルーフの重ね部分を塞ぎます。

ルーフを仮置きしました

日光市の瓦棒屋根カバー工事で下屋根南面のルーフを葺きました。 ルーフの仮置き中です。 ケラバ側を加工して貼り始まりますので、ルーフを仮置きして墨を引いていきます。 軒先やケラバ側のクワセの分を考慮して施工します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259