オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下野市の屋根重ね葺き工事で役物を取り付け塗装をしました。


棟板金を取りつけました
棟板金を取りつけました。

 ケラバ側を加工してから、けらば包みを咥えて固定しました。
棟板金を繋ぎました
棟板金を繋ぎました。

 50ミリの重ねをとり、シーリング材を入れて防水処理をして、スクリュー釘で固定しました。
けらば包みを取りつけました
けらば包みの取り付けが終了しました。

 棟違い屋根のけらば包みを取り付けてから、下地に固定しました。
けらばとの取り合いです
棟板金とけらばの取り合いです。

 棟板金を加工して雨仕舞をし、スクリュー釘で固定しました。
2階の棟の取り付けが終了しました
棟板金の取り付けが終了しました。

 真っ直ぐルーフとの間に隙間なく、取り付けることができました。
1階の壁水切りの取り付けです
壁水切りの取り付けが終了しました。

 掃きだし窓の下の空間に合わせて壁水切りをカットして、外壁にビスで固定しました。
マスキングをしました
マスキング中です。

 板金との繋ぎや雨仕舞が必要な所を、マスキングをしてシーリング材を塗布していきます。
シーリングをしました
シーリングが終了しました。

 釘頭や板金の繋ぎ目をシーリングし、防水処理しました。
塗装前の状態です
塗装前の状態です。

 葺き替えをしない、瓦棒板金屋根を塗装していきます。
ケレン中です
ケレン中です。

 既存の塗料の剥がれや浮いた塗料を剥がし、塗料の密着性を高める為、小さな傷を付けていきます。
さび止め塗装中です
さび止め塗装中です。

 ローラーで塗装できない所を刷毛でだめ込み塗装してから、平面をローラーで塗装していきます。
 今回使用したさび止め塗料は関西ペイントのザウルスEXでさびを抑えるだけでなく、中塗り塗料との密着性を高めます。
さび止め塗装が終了しました
さび止め塗装が終了しました。

 瓦棒、軒先唐草も刷毛で塗装しました。
中塗り塗装が終了しました
中塗りが終了しました。

 ムラなくきれいに仕上がりました。

 今日はここまで
 また明日。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

墨を打って下地を加工しました

矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました。 板金下地の加工中です。 30×40ミリの下地を取り付け寸法に墨を打ち、カットしていきます。

ルーフに墨を打ちました

矢板市で横暖ルーフSを使い屋根の葺き替え工事をしました。 ルーフを測りました。 寄棟部分の、軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。

ツマアングルを取り付けました

宇都宮市の折板屋根葺き替え工事で大型雨樋を取り付けました。 ツマアングルを取り付けました。 ツマアングルの固定穴に、タイトフレームのボルトを通しました。 この時、ツマアングルがタイトフレームのボルト下部まで入る事を確認して取り付けていきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259