高根沢町の屋根重ね葺き工事で棟板金を取り付けシーリングをしました


棟板金の巴を加工しました。
棟板金を加工しました。

 棟板金とけらば包みの取り合いを、棟板金を加工して収めました。寸法を測り、けらば包みに噛みこませ固定しました。
巴の収まりです
棟板金とけらば包みの収まりです。

 けらば包みと隙間なく取り付けることができました。
棟板金の繋ぎを加工しました
棟板金をカットしました。

 棟板金同士を繋ぐ場合、両端の水切りを斜めにカットしておきます。繋ぎ目が浮くことがなくきれいに収まります。
シーリングをしました
防水処理をしました。

 重ねの下側の棟板金にシーリング材を塗布しました。
棟板金の繋ぎです
棟板金の繋ぎの収まりです。

 直線状にきれいに繋ぐことができました。
谷樋側の収まりです
谷樋側の収まりです。

 谷樋の両側に取り付けてある見切り縁を、棟板金をカットして先端を加工して収めました。
ルーフを清掃しました
ルーフの清掃中です。

 シーリングやタッチアップをする前に、ルーフの表面を清掃してきれいにしておきます。
マスキングをしました
マスキングをしました。

 シーリング材を塗布する前に、マスキングをしました。
シーリング材を塗布しました
シーリング材を塗布しました。

 今回使用したシーリング材は、横暖ルーフ専用で板金の継ぎ目に塗布して雨水の浸入を防ぎます。
釘頭のシーリングをしました
釘頭をシーリングしました。

 釘抜け防止と、釘穴からの雨水の浸入を抑えるために全ての釘にシーリングしました。
タッチアップ中です
タッチアップをしました。

 作業中にできた小さな擦り傷を、専用の塗料で隠しました。

 今日はここまで
 また明日。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

けらばキャップを取り付けました

大田原市の屋根重ね葺き工事の7日目です。 ケラバキャップを取り付けました。 ケラバ包み板金の軒先側にケラバキャップをリベットで固定して取り付けました。

今回使用したルーフです

大田原市の屋根重ね葺き工事の5日目です。 今回使用した屋根材です。 ニチハの横暖ルーフSでガルバニュウム板金に発泡ウレタンが貼り付けてあり消音と遮熱効果がある超高耐久仕様です。

防水テープを貼りました

大田原市の横葺き板金屋根重ね葺き工事の4日目です。 天窓の防水処理をしました。 天窓の立ち上がり部分にアスファルトルーフィングを立ち上げ、ブチルテープで防水処理をしました。 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259