オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市の屋根カバー工事でルーフィングと捨て谷を取り付けました


ルーフィングを貼りました
日光市の屋根カバー工事でルーフィングと捨て谷を取り付けました。
 ルーフィングを貼りました。
 野地板の軒先側を、水切りスターターの取り付け幅だけ開けて、アスファルトルーフィングを貼り付けます。
 今回は野地板にハンマータッカーで固定しました。
2段目の貼り始まりです
2段目のルーフィングを貼りました。

 けらば側を直線状に切り、重ねを100ミリ取ってから、弛みが出ない様にタッカーで固定していきます。
ルーフィング貼りが終了しました
ルーフィングの貼り付けが終了しました。

 屋根全体の野地板に、ルーフィングの貼り付けが終了しました。これで雨が降っても安心です。
貫を取り付けました
けらばの下地を取り付けました。

 既存のけらば板金に沿って、30ミリ×40ミリの角材を新規のけらば板金の下地として取り付けていきます。
 木製の為、曲がりがありますので修正しながら取り付けていきます。
スターターを取り付けました
スターターを取り付けました。

 スターターとは、横暖ルーフの軒先側が浮く事がないように挟み込むための溝が付いている役物で、水切りも兼用しています。
 野地板に押し付けて、直線を確認して固定しました。
スターターの繋ぎです
スターターを繋ぎました。

 30ミリの重ねを付けて、1820ミリのスターターを繋いでいきます。溝に段差ができないように繋ぎました。
捨て谷を取り付けました
捨て谷を取り付けました。

 捨て谷はこれから取り付ける横暖ルーフと、けらば包み板金の間から万が一雨水が入ったときに、軒先まで雨水を運んでくれます。

 今日はここまで
 また明日。
2020,5,21更新

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金を加工しました

宇都宮市で棟板金を取り付けて屋根カバー工事が完工しました。 棟板金の重ねを加工しました。 30ミリ取る重ね部分の水切りを斜めにカットして、上から重ねる板金がきれいに納まるように加工しました。

ルーフの固定中です

宇都宮市でケミカル面戸を取り付けてルーフの防水処理をしました。  先日最後に残ったルーフの貼り付け中です。 棟からの距離を測りながら、最後の一枚が同じ有効幅になるように調整しながら取り付けました。

ルーフの切断面です

宇都宮市でニチハ横暖ルーフSを使い入母屋のカバー工事しました。 横暖ルーフの切断面です。 今回使用した屋根材はニチハ横暖ルーフSで、発砲ウレタンにより断熱性と遮音性が向上して、既存の金属屋根に重ね葺きしますので、より向上します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259