オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市の屋根カバー工事でルーフを加工して1段目を取り付けました


墨を打ちました
日光市の屋根カバー工事でルーフを加工して1段目を取り付けました.
 墨を打ちました。
 軒先から5段目の段違い部分を合わせる為に逆算して、1段目に取り付ける有効幅185ミリのルーフを作ります
 事前に裏側に付いている断熱防音の不要な発泡材を取り除き、軒先側のスターターの溝に差し込む、折込みの30ミリをプラスした寸法に墨を打ちました。
ルーフをカットしました
ルーフをカットしました。

 215ミリで墨を打ったとうりに電動カッターを使い切っていきます。
 この後ロールバッタで曲げ加工しますので真っ直ぐ切ります。
咥えの1段目を作りました
1回目のロールバッタで加工中です。

 差込み部分(16ミリ)プラス立ち上がり(15ミリ)の30ミリの所を、ロールバッタを使い曲げていきます。
 1度に曲げると筋が入りますので少しづつ折り曲げ90度になるまで続けます。
咥えの2段目を作りました
2回目のロールバッタで加工中です。

 今度は差し込み部分の16ミリを、ロールバッタで加工していきます。
 90度までは曲がりませんので折り目が付いた時点で、板金つかみで90度まで曲げていきます。

 
1枚目の加工したルーフを取り付けました
1段目の加工したルーフとスターターの納まりです。

 有効幅185ミリで立ち上がり15ミリ、差込み16ミリの加工したルーフがきれいにスターターに納まりました。
 今回使用したルーフはニチハ製横暖ルーフαSで、塗装高耐食GLめっき鋼板と、硬質ウレタンフォームの組み合わせで、優れた遮音性能と断熱性能を発揮します。
段違い面との収まりです
5段目の段違いルーフとの納まりです。

 5段目のルーフが直線に納まりました。1段目に貼ったルーフの有効幅が狭いのが画像でも確認できます。
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 軒先から7段目のルーフを貼って本日の作業は終了です。

 今日はここまで
 また明日。
2020,4,1更新

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフの切断面です

宇都宮市でニチハ横暖ルーフSを使い入母屋のカバー工事しました。 横暖ルーフの切断面です。 今回使用した屋根材はニチハ横暖ルーフSで、発砲ウレタンにより断熱性と遮音性が向上して、既存の金属屋根に重ね葺きしますので、より向上します。

棟板金の下地を取り付けました

宇都宮市で屋根カバー工法で板金下地と谷樋を取り付けました。 棟板金とケラバ包み板金の下地を取り付けました。 棟の山部分を直線状に取り付けるため、心に墨を打ってから、棟板金下地は30×40ミリの垂木を片面2本づつ並べて取り付け、ケラバ包み板金...........

施工前の入母屋屋根の状態です

宇都宮市で入母屋横葺き板金屋根のカバー工事が着工しました。 施工前の入母屋屋根です。 十年来のお客様で屋根塗装や雨漏り修理をしましたが、一旦は止まりますがまた修理の繰り返しでした。 今回思い切って、入母屋部分の屋根をカバー工法するご依頼をい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259