オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

矢板市で強風で丸瓦が落下した平屋屋根の補修工事をしました。


施工前の全景です。
矢板市で強風で丸瓦が落下した平屋住宅の補修工事をしました。
 施工前の全景です。
 平屋の寄棟和瓦葺き住宅で、先日の現場調査の結果、着工となりました。丸瓦の差し替えと熨斗瓦、丸瓦のラバーロックと鬼首、棟尻の漆喰工事になります。
破損箇所です
破損箇所です。

 強風の影響で丸瓦が2枚飛んで地面に落下していました。丸瓦を留めていた銅線が切れて、丸瓦が地震などの振動でずれ、強風に煽られて落ちたものと考えられます。
破損した丸瓦です
破損した丸瓦です。

 落下した衝撃で丸瓦が割れてしまいました。修復は不可能ですので新しいものと差し替えます。
 自然災害とは言え、下に人が居て人災にならなかったのが幸いです。
棟調整をしました
丸瓦を差し替えてから棟調整をしました。

 全体の半分近くの銅線が切れて下り棟と大棟が蛇行していましたので、熨斗瓦と丸瓦を真っ直ぐになるように棟調整しました。
熨斗瓦をコーキングで止めました
熨斗瓦をラバーロックをしました。

 熨斗瓦をコーキングで固定しました。丸瓦と熨斗瓦を留めている銅線が切れていますので,地震や風の振動で瓦が動く事がないように、瓦専用のコーキングで固定していきます。
 熨斗瓦の突合せ部分の上に、50ミリを目安にコーキングを塗布していきます。
丸瓦と熨斗瓦のコーキング止めが終了しました
棟瓦のラバーロックが終了しました。

 熨斗瓦同士と熨斗瓦と丸瓦をコーキングで固定して一つにします。これで地震や風の振動でも動くことはありません。
丸瓦をコーキングで止めました
丸瓦同士をラバーロックしました。

 丸瓦同士の間には5ミリ前後の隙間があり、雨水が入る事と丸瓦が動くのを防ぐためにコーキングを打っていきます。
 これで地震や風の振動で瓦が落下する事はありません。
鬼首の漆喰を巻きました
漆喰を巻きました。

 丸瓦と鬼首の隙間からの雨水の浸入を防ぐ為の、既存の鬼首の漆喰が外れて無くなっていたため、新しい漆喰で丸瓦と鬼首の隙間を埋めていきます。
 今回使用した漆喰は水シャットで、漆喰にシリコンが練りこんであり、乾燥するとカチカチに固まり、練りこんであるシリコンが雨水を弾き、瓦内への侵入を防ぎます。
棟尻の漆喰を巻きました
棟尻に漆喰を巻きました。

 下り棟の棟尻と大棟の熨斗瓦の隙間に水シャットを入れて防水処理をしました。

 全ての工程が終了しました。
 これで何時雨が降っても安心です。
 2020,2,29更新

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でアパートのコロニアル屋根修理・塗装・外壁塗装工事をしました。

施工前、アパート外観
塗装後、アパート外観
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
セラミックシリコン・スパーシリコン・ヤネ強化プライマー
築年数
建坪
保証
工事費用
147万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

高圧洗浄前の屋根の状態です

宇都宮市でコロニアル屋根塗装工事の着工です。 施工前のコロニアル屋根の状態です。 屋根が埃や土で汚れている状態です。 この状態のまま塗装すると、塗料と屋根材の間に不純物が入り、早期の塗膜剥離に繋がりますので、高圧洗浄をして塗装面に付いている...........

施工前の屋根の状態です

宇都宮市で強風で飛んだ棟板金の修復と屋根塗装工事の着工です。 施工前の屋根の状態です。 強風で屋根の棟板金が飛んで落ちてきたので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 風害での破損との事で、火災保険の自然災害に該当する事を...........

破損個所です

宇都宮市で風による飛んだ棟板金の修復工事をしました。 破損個所です。 風の強い日に棟板金が飛んで、庭に落ちてきたので見てほしいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 今回は、棟板金の下地の貫き板が腐って釘が抜けて板金が飛んだとのこと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259