オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

益子町で三協アルミ製のテラスの側面波板を取り付けました。


側枠を加工して組み立てます
側板と上下枠を加工して取り付けました。

 今回の側面波板に使う縦横枠は5500ミリの1本物で入荷していますので使用する長さにカットしてから取り付けます。
 まず外壁側の側板に上下枠を取り付けます。上枠はサッシの波板と同じ傾斜を付けて取り付けていきます。
下枠を組み立てます
下枠の取り付けです。

 平行を水平器で取り、柱から出ないのを確認してからビスで固定します。
側板を外壁に取り付けました
側板を固定しました。

 外壁が重ね貼りしてありますので以前の外壁材のリシン壁に届くように60ミリのコンクリートビスで下穴を開けてから固定していきます。コンクリートビスがシルバーですのでコーキング(アンバー)で雨水仕舞をしました。
下枠を取り付けました
下枠の仕舞です。

 写真では確認しずらいのですが下枠の裏側にL字アングルが取り付けてありビスで柱に固定してあります。
波板を張りました
波板を取り付けました。

 上枠の傾斜と同じ様に波板をカットします。上下枠には20ミリほどの遊びがありますがあまり短く切りすぎるとばらつきがでて風で音が出ますので確認しながら施工します。
内側です
内側です。

 今回使用した波板はポリカーボネイト製で9尺(約2700ミリ)を使用しました。
施工後の全景です
施工後の全景です。

 側面波板を取り付けましたので風や横雨があたるのを防いでくれます。

 これで全ての工程が終了しました。

 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259