オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大田原市でバックヤードテラスの波板交換工事をしました。


施工前です
施工前の全景です。

 先日まで、雨樋交換工事と漆喰工事の施工をさせて頂いたので足場を仮設した為、波板を取り外してありましたので、足場撤去後の新規の波板取り付け工事になりました。
野縁です
野縁です。

 犬走りの広さどうりにバックヤードテラスが設置してありますので、オーダーメイドの特注品でしょうか、11枚全ての波板のサイズが変わります。
 1枚づつ外壁側から軒先側までの長さを測り、確認しながら斜めに切り、取り付けていきます。(野縁が途中から2本になっています)
波板施工中です
波板の取り付け中です。

 始めの1枚を外壁と平行に取り付け、横枠との隙間がなくなるように調整しながら取り付けます。1枚目が斜めに取り付けられると、全ての波板が斜めになり、最後の1枚が入らなくなります。
 今回使用した波板は、ポリカーボネイト製の4尺ブロンズです。ポリカーボネイト製の波板は、木槌で叩いても破損しませんので頑丈です。
コーキングしました
コーキングをしました。

 キッチンダクトが波板と干渉しますので、波板をカットしてコーキングで隙間を埋めました。軒下ですが雨水が吹き込むと、波板の下のバックヤード内に雨水が漏れますので、厚めにコーキングして収めました。
ポリカーボネイトフックです
今回使用したフックです。

 ポリカーボネイト製の波板ワンタッチフック25ミリで、波板と同じ材質で出来ていますので、紫外線による劣化も抑え衝撃に強く出来ています。
施工後の全景です
波板の取り付け工事が終了しました。

 11枚の波板全ての交換工事が終了しました。900ミリ~1080ミリまでの長さに加工して、軒先側と外壁側にも隙間なく綺麗に収まりました。
 
 これで何時雨やひょうが降っても安心です。
 今回の波板交換工事は足場仮設による交換でしたが、ひょうによる
破損の場合、火災保険の自然災害に該当する為、保険金で修復する事が 
出来るかも知れません。
 弊社では専属のスタッフが保険申請に関する難しい書類の代行やご相談
をお受けしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 0120-12-7259
 2020,2,20更新

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259