オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿沼市でパナソニック製アイアンを使った雨樋交換工事が完工です


軒樋同士を繋ぎます
鹿沼市でパナソニック製アイアンを使った雨樋交換工事が完工です。
 昨日、2階の雨樋取り付けが終了しましたので、今日は1階の軒樋からです。
 1本3600ミリの軒樋を突き合わせて繋いでいきます。
軒継ぎ手にボンドを塗布しました
軒継ぎ手にボンドを塗布しました。

 軒継ぎ手の中心部分にボンドを塗布しました。
 アイアン専用の軒継ぎ手で取り付けるとボンドが全体に広がりコーティング樹脂を溶かして融着します。
軒樋を繋ぎました
軒継ぎ手で固定しました。

 軒樋の鼻隠し側の淵に引っ掛けて、軒先側にはめ込み固定します。
軒樋を90度に繋ぎます
軒樋を90度に繋ぎます。

 寄棟屋根の出隅の軒樋を外曲がりで繋いでいきます。
外曲がりで軒樋を90度に繋ぎました
外曲がりを取り付けました。

 役物の外曲がりの溝にボンドを入れて軒樋を差込み固定しました。
 軒樋と外曲がりの間に隙間が開かないように、確認して取り付けました。
軒樋の取り付けが終了しました
軒樋の取り付けが終了しました。

 軒樋金具の爪を折り曲げて軒樋を固定しました。
 今回使用した軒樋はパナソニック製アイアンで亜鉛鋼板に樹脂がコーティングしてあり耐久性、耐候性に優れた軒樋です。
排水穴を開けました
排水穴を開けました。

 既存の集水器取り付け位置に、ホールソーで60パイの排水穴を開けていきます。
排水穴に切り込みを入れます
排水穴に切り込みを入れました。
 
 排水穴に流れ込んだ雨水が軒樋の裏側を回って漏れる事を防ぐ為と、集水器が動かないように必ず切込みを入れて下側に折り込みます。
縦樋金具を取り付けました
縦樋金具を取り付け中です。

 既存の縦樋金具取り付け位置に、新規の縦樋金具をハンマーで打ち込みました。
 打ち込み深さを合わせて外壁面と縦樋が平行になるように取り付けました。
縦樋にP管を取り付けました
P管を取り付けました。

 出隅の左右に集水器がある場合、1本の縦樋に集めて排水します。
 P管は縦樋側から取り付け、集水器からの呼び樋をP管に納めます。
呼び樋をP管に納めました
呼び樋をP管に納めました。

 集水器側のエルボーとP管までの距離を測って、縦樋を切り呼び樋として取り付けました。
既存の這い樋取り付け跡です
既存の這い樋取り付け位置です。

 1階の屋根に白く既存の這い樋跡が残っていますので、同じ場所に這い樋を取り付けます。
縦樋のエルボーから軒先までの距離を測りました
這い樋の取り付け長さを決めます。

 軒先と縦樋のエルボーまでの距離を測って、縦樋を切り這い樋として屋根に這わせて取り付けます。
這い樋を取り付けました
排樋を取り付けました。

 集水器に向かって下り傾斜の方向に向けて俳樋を取り付け、銅線で固定しました。
既存の軒樋金具の固定釘跡です
既存の軒樋金具取り付け跡です。

 鼻隠しに巻いてある銅板に既存の軒樋金具固定釘穴が開いていますので、このままでは雨水が浸入して鼻隠し板が傷みますので防水処理します。
防水処理しました
シーリングをしました。

 軒樋金具固定釘穴にシーリング材を塗布して、雨水の浸入を防ぎます。
施工後の全景です
施工後の全景です。

 すべての工程が終了しました。

 これで何時雨が降っても安心です。

同じ地域の施工事例

施工事例

鹿沼市でグランスケア使用の火災保険適用雨樋交換工事をしました

施工前の軒樋の状態です
軒樋を取り付けました
工事内容
雨樋交換
使用素材
パナソニック グランスケアPGR60
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玄関屋根の雨樋の取り付けです

日光市で軒天重ね葺きで化粧べニアをフィニッシュネイルで固定しました。 横打五丁流れ金具を取り付けていきます。 五丁流れとは、支持金具自体を番号順に取り付けていくと水勾配が取れる支持金具で、1は水上に使用し2,3,4,5と水下に取り付けていき...........

貫き板の取り付け中です

宇都宮市で棟板金を取り付け破風板に防腐剤を塗装しました。 貫き板を取り付け中です。 棟板金の下地で、幅90ミリの貫き板を38ミリのビスで野地板に固定しました。

破風板の取り付け中です

宇都宮市でガルバニュウム製波板と破風板、軒天を取り付けました。 2段目の破風板を取り付け中です。 既存の破風板と高さを合わせるために、間柱を重ねてビスで固定中です。 外側にビスが出ないように38ミリのビスで固定していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259