オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市のサイディング工事で2階の笠木を取り付けました。


施工前の状態です
施工前の状態です。

 2階の笠木の状態ですがサイディングの胴縁が18ミリ、サイディングが16ミリありますので笠木の縁からサイディングがはみ出てしまい仕舞えませんので下地を入れて笠木を被せます。
内側の下地を取り付けました
内側の下地です。

 既存の笠木が横幅220ミリですので下地があいませんので30ミリの木材でふかして調整しました。ちなみに今回の笠木は235ミリ幅で作ってあります。
外側の下地を取り付けました
外側の下地です。

 こちらは笠木の内側に収まりますので笠木の出に合わせて下地を取り付けます。今回取り付けたのは10ミリ厚の木材を使用しました。
止めを加工しました
スタートの止まりを加工しました。

 基本的には雨水が入らないように折り返しで加工します。板金つかみを使い隙間が出来ないように仕上げました。
笠木を繋ぎました
笠木を繋ぎました。

 笠木は縦幅1800ミリで作ってもらいましたので繋ぎが何か所かあります。重ね幅は25~30ミリで雨水が入らないように隙間をなくします。
出隅を加工しました
出隅を加工しました。

 笠木の出隅は1枚の笠木を加工して取り付けます。ほとんどの出隅は90度で出来ていますので加工する寸法を測ってからけがき板金ばさみで切り込みを入れていき納めます。
2階の笠木が取り付け終了しました
2階の笠木の取り付けが終了しました。

 今日は朝から霧雨が降っている中での作業でしたが無事終了しました。
 今日はここまで
 また明日

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り刷毛塗装中です

宇都宮市でモルタル製外壁の袖壁修復で塗装をしました。 モルタル製外壁の下塗り刷毛塗装中です。 塗料が付いてはいけない所で、笠木板金と軒天にマスキングテープを貼り養生してから、刷毛で細かい所を塗装中です。

施工前の袖壁の状態です

宇都宮市でモルタル製パラペット袖壁の補修工事が着工しました。 施工前のパラペット破損個所です。 パラペットの袖壁が雨漏りの影響で破損して、アルミテープで補修してある状態です。 笠木と既存外壁との間から雨水が入り、傷んだものと考えられます。

塗装用の養生をしました

宇都宮市で軒天と外壁塗装をしてパラペット補修工事が完工しました。 塗装用の養生をしました。 軒天とモルタルを打設した部分を塗装するために、陸屋根や既存の外壁面に塗料が付かないように、マスカーテープで引っ張り養生をしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259