オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高根沢町で水シャットで瓦屋根の鬼首の漆喰巻きをしました。


施工前の全景です
高根沢町で水シャットで瓦屋根の鬼首の漆喰巻きをしました。
 施工前の全景です。
 雨樋工事をご依頼頂いたお客様に雨樋取り付け施工中に、屋根の漆喰が落ちている事をご報告した所、瓦屋根の鬼首漆喰巻き工事をご依頼いただきました。
施工前の屋根の状態です
施工前の屋根の状態です。

 築24年の屋根の瓦ですが、割れやズレもなくとてもきれいで、傷んでいるのは鬼首瓦に巻いてある漆喰だけです。
鬼首の破損箇所です
施工前の鬼首の状態です。

 鬼首と丸瓦の繋ぎ目を埋めて防水処理の役目をする漆喰が剥がれ落ちて無くなっている状態です。
大棟の鬼首と棟尻の状態です
施工前の大棟の鬼首と棟尻の状態です。

 既存の鬼首漆喰にはモルタルが使われており24年で風化したのか、所々穴が開いている状態です。

傷んだ鬼首漆喰です
1階の鬼首の状態です。

 モルタル漆喰にひびが入っている状態です。
既存の鬼首漆喰を撤去しました
モルタル漆喰を撤去しました。

 傷んで脆くなっていて、手で簡単に割れて取り外すことができました。
水シャットを荒詰めしました
漆喰の荒詰め中です。

 棟尻の丸瓦と大棟ののし瓦の間に隙間がありますが、ここからの雨水の浸入を防ぐ為に、漆喰を詰めていきます。
 荒詰めは大まかに入れる量を調節して隙間に押し込んでいきます。
漆喰を小手で均しました
漆喰均し中です。

 小手で漆喰の表面を均して平らにしていきます。
 筋や凹凸が無くなるまで押し付けて仕上げていきます。
鬼首と棟尻の漆喰巻きが終了しました
鬼首と棟尻の漆喰入れが終了しました。

 表面が平らに仕上がり、光沢が出ています。
 今回使用した漆喰は水シャットで漆喰にシリコンが練り込まれており、乾燥するとカチカチに固まり雨水を弾き、瓦内部えの雨水の浸入を防ぎます。
1階屋根の鬼首の状態です
1階の鬼首の状態です。

 ここの鬼首漆喰も落ちて無くなっています。

 
鬼首の裏穴に漆喰を詰めました
鬼首に漆喰を詰めました。

鬼首の裏側に穴が開いていて、この穴に詰められるだけ漆喰を詰めて落下防止をします。
漆喰の荒詰め中です
漆喰の荒詰め中です。

 適量の漆喰を丸瓦と鬼首の間に詰めていきます。

漆喰を小手で均しました
鬼首漆喰を均し中です。

 漆喰を押し付けながら、表面が平らになるまで均します
鬼首の漆喰巻きが終了しました
1階の鬼首漆喰が仕上がりました。

 光沢が出てきれいに仕上げる事ができました。

完工写真です

棟繋ぎの漆喰巻きが終了しました
棟繋ぎの漆喰入れが終了しました。
棟尻と鬼首の漆喰巻きが終了しました
棟尻と鬼首漆喰巻きが終了しました。
大棟の漆喰巻きが終了しました
大棟の漆喰巻きが終了しました。


施工後の屋根の状態です
完工後の屋根の状態です。

 すべての鬼首漆喰巻き工事が終了しました。

 これで瓦内部への雨水の浸入を防げます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

施工前の全景です

壬生町で釉薬瓦屋根の漆喰詰め直しとラバー工事をしました。 施工前の全景です。 2階造りの釉薬瓦屋根住宅で、漆喰が浮いて剥がれているので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 今回の屋根補修工事は、漆喰詰め直しとラバー工事に...........

施工前の全景です。

矢板市で強風で丸瓦が落下した平屋住宅の補修工事をしました。 施工前の全景です。 平屋の寄棟和瓦葺き住宅で、先日の現場調査の結果、着工となりました。丸瓦の差し替えと熨斗瓦、丸瓦のラバーロックと鬼首、棟尻の漆喰工事になります。

施工前の全景です。

施工前の全景です。 外壁塗装のご依頼があり足場が架設されたので瓦屋根の傷んだ漆喰の状況が解り、施主様に相談した結果、このままでは大きな地震などの振動で棟が崩れる可能性があるので着工になりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259