オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

さくら市の屋根重ね葺き工事で和瓦の谷樋交換をしました。


施工前の状態です
施工前の状態です。

 銅板平葺きの重ね葺き工事で銅板の谷樋に穴が開き施主様が修理しましたが心配なので葺き替えて欲しいとのご要望です。
撤去する瓦に番号を振りました
番号を振りました。

 撤去する和瓦を元に戻せる様に左右違う番号を振ります。
棟を撤去しました
棟側を撤去しました。

 瓦を撤去するのに、できるだけ必要最小限に棟を壊していきます。
瓦を撤去しました
棟と瓦の撤去が終了しました。

 邪魔になる物は全て取り除き谷樋の全景が見えてきました。
清掃しました
掃除をしました。

 すずめの巣と棟の撤去した面土を綺麗に清掃しました。
軒先を加工しました
谷樋を加工しました。

 軒先側の谷樋に切れ目を入れて軒樋に排水できるように加工しました。
コーキングを入れて繋ぎました
谷樋を繋ぎました。

 コーキングで防水処理してから軒樋同士を繋ぎました。
棟側を立ち上げて固定しました
棟側を固定しました。

 棟側を立ち上げ加工してから奥まで押し込んでステンレスビスで固定しました。
直線状に取り付けます
谷樋の取り付けが終了しました。

 既存の谷樋と平行に取り付けることができました。
瓦を葺き直し漆喰で固定しました
漆喰で固定しました。

 瓦を番号順に軒先側から葺き直し、棟を組み直し漆喰で固定しました。
重ね葺きした板金屋根をタッチアップしました
タッチアップをしました。

 重ね葺きしたルーフには作業工程で出来た小さな擦り傷ができてしまいます。
 専用の塗料でタッチアップして傷を塗装していきます。
施工後の谷樋の状態です
谷樋の取り付けが終了しました。

 全ての工程が終了しました。
 これで何時雨が降っても安心です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金を加工しました

宇都宮市で棟板金を取り付けて屋根カバー工事が完工しました。 棟板金の重ねを加工しました。 30ミリ取る重ね部分の水切りを斜めにカットして、上から重ねる板金がきれいに納まるように加工しました。

ルーフの固定中です

宇都宮市でケミカル面戸を取り付けてルーフの防水処理をしました。  先日最後に残ったルーフの貼り付け中です。 棟からの距離を測りながら、最後の一枚が同じ有効幅になるように調整しながら取り付けました。

ルーフの切断面です

宇都宮市でニチハ横暖ルーフSを使い入母屋のカバー工事しました。 横暖ルーフの切断面です。 今回使用した屋根材はニチハ横暖ルーフSで、発砲ウレタンにより断熱性と遮音性が向上して、既存の金属屋根に重ね葺きしますので、より向上します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259