矢板市で横暖ルーフSを使い屋根カバー工法をしました。


ルーフに墨を打ちました
矢板市で横暖ルーフSを使い屋根カバー工法をしました。

 ルーフを測りました。
 軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。
ルーフに墨を打ちました
ルーフに墨を打ちました。

 写した角度どうりに墨を打って、切る場所を決めます。
ルーフを電動はさみで切りました
ルーフをカットしていきます。

 電動はさみで、墨を打った所に沿って切っていきます。
切ったルーフの断面です
ルーフの切り口です。

 断熱材の硬質ウレタンフォームと一緒に、カットしていきます。

 
軒先1枚目のルーフを取り付け中です
ルーフの貼り始まりです。

 角度を合わせてカットしたルーフを、水きりスターターの溝に引っ掛けて、捨て谷に隙間ができないように釘打ち機で固定しました。
ルーフ同士を繋ぎました
ルーフ同士を繋ぎました。

 ルーフに溝がありますので、ルーフ同士を80ミリ重ねて横水が入らないように固定していきます。
棟までの距離を計算して取り付けていきます
大棟の納めです。

 ルーフと大棟との距離を測って、調整しながら大棟と平行になるように取り付けました。
玄関屋根部分のルーフ取り付けが終了しました
今回、使用した屋根材はニチハ製横暖ルーフSです。
 
 横暖ルーフは、ニチハ株式会社独自の技術で開発された
断熱材(硬質ウレタンフォーム)と、遮熱鋼板(塗装高耐食
GLメッキ鋼板)を一体化した、高機能金属製屋根材になり
ます。
 塗膜が15年、赤錆20年、穴あき25年保証となってい
て、耐久性と耐候性に優れており、断熱材と一体化している
で断熱性能、表面の塗膜が遮熱塗料が塗布しているので
熱性能にも優れていて、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしやす
硬質ウレタンフォームが付いてる事で、遮音性も備えて
います。
 また、粘土瓦の10分の1の重さとなっているので、屋根
自体を軽量化して家本体の負荷を軽減します!!

北面のルーフ取り付けが終了しました
南面のルーフ取り付けが終了しました。

 直線状に曲がることなく、きれいに取り付けが完了しました。
入母屋部分のルーフ取り付けが終了しました
入母屋部分のルーフ取り付けが終了しました。

 既存の瓦が葺いてあった水切りまでルーフが貼り終りました。
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 雨が降ってきましたので、ここまでで終了です。

 また明日。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存の雨どいを撤去しました

宇都宮市で火災保険適応の雨どい交換工事をしました。 軒樋から雨水が落ちてきて、音が気になるので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。 施工前の写真が取り忘れていましたので、軒樋の撤去からです。

玄関周りの外壁の状態です

宇都宮市の外壁塗装工事でレンガ調外壁材にクリア塗装をしました。 施工前の状態です。 今回の窯業系サイディングは、下地の胴縁にサイディングを釘で固定してありますが、サイディングを固定してある釘頭の塗装が剥がれて、白くシーリング材が見えている状...........

軒樋同士を繋ぎます

鹿沼市でパナソニック製アイアンを使った雨樋交換工事が完工です。 昨日、2階の雨樋取り付けが終了しましたので、今日は1階の軒樋からです。 1本3600ミリの軒樋を突き合わせて繋いでいきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259