オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました


墨を打って下地を加工しました
矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました。

 板金下地の加工中です。
 30×40ミリの下地を取り付け寸法に墨を打ち、カットしていきます。
けらば板金の下地を取り付けました
けらば包み板金の下地を取り付け中です。

 新規に貼り直した野地板のけらば側に合わせるように、けらば板金の下地を65ミリのビスで固定していきます。
 垂木が斜めにならないように、垂木の中心にビスを打ち、既存の垂木に効かせます。
下り棟の下地を取り付けました
下り棟の下地の取り付けが終了しました。

 片側105ミリの棟板金を取り付けますので、片側に幅40ミリ高さ30ミリの下地を2本並べて固定しました。
 屋根の傾斜にもよりますが、今回は左右の下地の間の隙間を開けずに取り付けました。
大棟の下地を取り付けました
大棟の板金下地の取り付けが終了しました。

 北と南面の頂点に墨を打って芯を出し、真っ直ぐに棟板金下地の取り付けが終了しました。
スターターを取りつけました
水切りスターターの固定中です。

 ルーフの貼り始まりの、水切りスターターが曲がって取り付けられると、ルーフも曲がってしまいますので野地板に押し付けて被せを50ミリ重ねて、300ミリ間隔に38ミリのビスで固定しました。
スターターの取り付けが終了しました
水切りスターターの取り付けが終了しました。

 きれいに直線状に取り付ける事ができました。
谷樋にシーリングをしました
谷樋にシーリング材を塗布しました。

 谷樋を繋ぐ時、雨水が毛細管現象で逆流するのを防ぐ為に、重ねの50ミリにシーリング材を塗布して防水処理をしました。
谷樋を繋ぎました
谷樋を繋ぎました。

 シーリング材がはみ出しましたが、重ねに十分シーリング材が入った証拠でこの後、ふき取りました。
谷樋を固定しました
谷樋を固定しました。

 左右の谷樋の合わせ部分のかみ合わせてから、ビスで固定していきます。
 かみ合わせ部分はこの後、シーリング処理します。
谷樋の取り付けが終了しました
見切り縁を取り付けました。

 谷樋の左右に、見切り縁を取り付けルーフの谷樋側の納まりを作りました。
捨て谷を取り付けました
捨て谷を取り付け中です。

 長さを測り軒先側から板金下地にビスで固定しました。
 万が一、ルーフと下地の間から雨水が浸入した場合、捨て谷が軒先まで運んでくれます
捨て谷の取り付けが終了しました
捨て谷の取り付けが終了しました。

 すべての板金下地に捨て谷が取り付けられました。
本日の施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 今日はここまで
 また明日。
2020,6,13更新

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフに墨を打ちました

矢板市で横暖ルーフSを使い屋根の葺き替え工事をしました。 ルーフを測りました。 寄棟部分の、軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。

ツマアングルを取り付けました

宇都宮市の折板屋根葺き替え工事で大型雨樋を取り付けました。 ツマアングルを取り付けました。 ツマアングルの固定穴に、タイトフレームのボルトを通しました。 この時、ツマアングルがタイトフレームのボルト下部まで入る事を確認して取り付けていきます...........

棟板金の加工寸法を測ります

矢板市の瓦屋根から横段ルーフに葺き替え工事が完工しました。 棟板金の加工寸法を測りました。 棟板金とけらば包み板金の取り合いを納める為に、寸法を測って加工します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259