オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

壬生町の雨漏り修理で防水シートを貼り瓦棒板金を葺きました。


セメント瓦用の垂木を取り付けました
壬生町の屋根改修工事の3日目です。

 セメント瓦部分の垂木を取り付けました。既存のセメント瓦の母屋に刻みを入れて高さを調整してから新規の垂木を固定しました。
野地板を貼りました
野地板を貼りました。

 雑板と同じ厚さの合板を貼り、セメント瓦の下地にします。
既存の波板部分の軒先にスターターを取り付けました
軒先水切りを取り付けました。

 既存の瓦棒板金屋根と高さを合わせて繋ぎ、合板の先にビスで固定しました。

 
防水シートを貼り付け中です
防水シートを貼りました。

 軒先側から100ミリ被せで、アスファルトルーフィングをタッカーで固定しながら、軒先と平行に貼り付けました。
瓦棒の下地を取り付けました
瓦棒の下地を取り付けました。

 既存の瓦棒から455ミリ間隔で45×45ミリの瓦棒の下地をビスで垂木を狙って取り付けました。
新規の板金に墨を打ちました
新規の板金に墨を打ちました。

 軒先側を水切りに引っ掛けるように加工する墨を打ちました。
板金を切りながら軒先側の加工中です
新規の板金の加工中です。

 墨を打った所を板金はさみで切ってから、板金つかみで折り曲げ加工中です。
棟側の加工中です
棟側の鏡板の加工中です。

 コの字型の鏡板の棟側を、雨水が吹き込んでも溢れる事がないように八千代折りをして箱型に加工しました。
かっぱを取り付け中です
かっぱの取り付け中です。

 瓦棒の下地に鏡板の立ち上がり部分を入れながらかっぱを被せ釘で固定しました。
かっぱの軒先側を加工しました
かっぱの軒先を加工しました。

 かっぱの先端を折り込み加工して雨水の浸入を防ぎます。
瓦棒板金葺きが終了しました
入母屋があった部分の瓦棒板金葺きが終了しました。

 ここに入母屋屋根があったとは思えません。
施工後の状態です
本日の施工後の状態です。

 明日はお休みですので、雨養生をして終了です。
現場監督です
最後の1枚。

 にゃんこ現場監督です。

 今日はここまで
 また明日。

同じ地域の施工事例

施工事例

下都賀郡壬生町で築25年の瓦型金属屋根の塗装工事をしました

塗装前です
上塗り塗装完了です
工事内容
屋根塗装
使用素材
関ペ ザウルスEX スーパーシリコンルーフ
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

壬生町で瓦屋根の修理と棟の組み換えと漆喰工事をしました。

棟瓦を撤去しました
漆喰を入れ下り棟が組み終わりました
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
使用素材
水シャット 漆喰ストロング 関ペザウルスEX スーパーシリコン
築年数
15年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

墨を打って下地を加工しました

矢板市の屋根葺き替えで板金下地とスターター、谷樋を取り付けました。 板金下地の加工中です。 30×40ミリの下地を取り付け寸法に墨を打ち、カットしていきます。

ルーフに墨を打ちました

矢板市で横暖ルーフSを使い屋根の葺き替え工事をしました。 ルーフを測りました。 寄棟部分の、軒先1枚目のルーフの取り付け角度を測って、ルーフに写しました。

ツマアングルを取り付けました

宇都宮市の折板屋根葺き替え工事で大型雨樋を取り付けました。 ツマアングルを取り付けました。 ツマアングルの固定穴に、タイトフレームのボルトを通しました。 この時、ツマアングルがタイトフレームのボルト下部まで入る事を確認して取り付けていきます...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259