オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日光市の総2階造り住宅で棟板金の貫き板交換工事をしました。


施工前の全景です
日光市で貫き板交換工事の着工です。

 施工前の全景です。先日の春一番で屋根の棟板金が飛んでしまったので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。雨樋も雪の影響で曲がっていたので、同時に施工する事になりました。
破損箇所です
施工前の破損箇所です。

 南東の棟板金と貫き板が無くなっています。
 確認してみると棟板金を固定してある貫き板が傷んで、釘が効かない状態で突風が吹き、飛んだものと考えられます。
棟板金を撤去しました
貫き板を撤去しました。

 既存の棟板金は再利用しますので、傷がつかない様に外してから、貫き板をバールで取り除きました。
ブロアーで清掃中です
清掃中です。

 貫き板の傷んだごみが屋根に残っていますので、ブロアーで清掃中です。
棟板金の貫き板固定中です
新規の貫き板を固定中です。

 片山105ミリの棟板金の貫き板ですので、幅90ミリの貫き板を使用して中心を15ミリ開けて65ミリのビスで屋根下地に固定していきます。
貫き板の取り付けが終了しました
貫き板の取り付けが終了しました。

 大棟と下り棟の貫き板の取り付けが終了しました。棟板金が直線状に取り付けできるように、確認しながら固定しました。
剣先を加工して作りました
剣先を作りました。

 棟板金を加工して、下り棟の軒先の剣先を作りました。
釘で固定しました
棟板金を固定中です。

 棟板金の立ち上がり部分に、38ミリのスクリュー釘で固定していきます。
棟板金の繋ぎを加工中です
棟板金の繋ぎ目を加工中です。

 重ね部分の寸法に切れ目を入れてスムーズに重なるように加工しました。
水切りを潰しました
棟板金の水切り部分を潰しました。

 上に重ねる板金に差し込むため、水切り部分を潰しておきます。
既存の板金と新規の板金を繋ぎました
新規の棟板金と既存の棟板金を繋ぎました。

 全体の棟板金の固定が終了しました。
シーリング用のマスキングをしました
マスキングをしました。

 棟板金の繋ぎ目にシーリング用のマスキングをしていきます。
板金の継ぎ目をシーリング中です
シーリング材の塗布中です。

 板金の継ぎ目に、シーリング材を塗布していきます。
シーリングが終了しました
シーリングが終了しました。

 これで板金の継ぎ目から、雨水の浸入する事を防いでくれます。
釘頭にシーリング中です
釘頭のシーリング中です。

 板金を固定したスクリュー釘の頭に、シーリング材を塗布して抜け防止と防水処理をしました。
貫き板交換工事が終了しました
施工後の全景です。

 全ての工程が終了しました。

 これで何時雨が降っても安心です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でアパートのコロニアル屋根修理・塗装・外壁塗装工事をしました。

施工前、アパート外観
塗装後、アパート外観
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
セラミックシリコン・スパーシリコン・ヤネ強化プライマー
築年数
建坪
保証
工事費用
147万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破損個所です

芳賀町で和瓦の修理とアンテナ固定線の交換工事をしました。 地瓦の破損個所です。 瓦屋根の内隅に谷樋がありますが、雨水が流れやすいように地瓦が切ってあります。地瓦と谷樋との間には隙間があり、何もしないと切った瓦が谷樋に落ちてきてしまいますので...........

施工前の全景です

宇都宮市で軒天一部重ね貼りと塗装工事が着工しました。 施工前の全景です。 以前、雨樋工事をご依頼いただいたお客様から、軒天が剥がれて気になるので今回は道路側の1面を重ね貼りして残りを塗装して欲しいとのご依頼です。

棟板金の中塗り刷毛塗装中です

壬生町で棟木交換とコロニアル屋根塗装工事が完工しました。 棟板金の水切り部分とコロニアル屋根の取り合いを刷毛で塗装していきます。 ローラーで塗装すると塗料溜りができてきれいに仕上がらないので刷毛で塗装しました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259