那須塩原市の2階屋で大屋根の棟板金交換工事をしました。


工事のきっかけ

棟板金が強風で飛んだため補修したが貫が痛んでいて釘が効かないため修理依頼がありました。

那須塩原市 棟板金交換 棟板金の交換工事

ビフォーアフター

before
施工前の棟板金です
horizontal
after
完工です

工事基本情報

施工内容
棟板金交換
施工期間
1日
使用材料
ガルバニュウム製棟板金
施工内容その他
棟板金の交換工事
築年数
30年以上
保証年数
工事費用
約10万円
建坪
ハウスメーカー
施工前の棟板金です
施工前の大屋根です。

 強風で棟板金が飛んでしまい施主様が修理したようですが貫が痛んで釘が効かないとのことで板金の交換をしてほしいとのご依頼です。
板金を撤去しました
棟板金を撤去しました。

 長年の雨風で貫が痛んでぽろぽろの状態でした。これでは釘が抜けてしまい板金も飛んでしまいます。
貫を撤去しました
貫を撤去しました。

 既存の貫が留めてある釘をバールで抜き掃除をしました。板金の中に木の葉や土が溜まっていましたのできれいに清掃しました。

 
新しい貫を取り付けました
新しい貫を取り付けました。

 今回使用する棟板金は片面が105ミリで出来ていますので貫の幅も105ミリを使用します。瓦棒に65ミリのビスで留めていきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

那須塩原市Y様、外観

那須塩原市に先月の風が強かった時に屋根の板金が飛んでしまったので見てほしいとご依頼を頂き行って来ました。那須塩原市の別荘地にある住宅地ですが、隣接した家が無く風が吹くと風の影響を受けやすい立地でした。

日光市S様、棟板金、貫板撤去

日光市に暴風で飛んでしまった屋根の棟の補修工事に行って来ました。2階部分の屋根は既存の棟板金を全て撤去して下地の貫板の交換をします。写真は棟板金・貫板撤去後の様子です。コロニアル屋根が割れないように丁寧に撤去して行きました。

施工前の全景です

日光市で貫き板交換工事の着工です。 施工前の全景です。先日の春一番で屋根の棟板金が飛んでしまったので見て欲しいとのご要望で現場調査の結果、着工となりました。雨樋も雪の影響で曲がっていたので、同時に施工する事になりました。