オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました


工事のきっかけ

お客様から劣化したコロニアル瓦屋根を修理するのに塗装するのか葺き替えするかご相談をいただきました。塗装は5~10年後にはまた工事しなければいけないですが葺き替えならコストパフォーマンスも考え思い切ってカバー工法で葺き替えすることに決めていただきました。

宇都宮市 屋根カバー工事

ビフォーアフター

before
コロニアル屋根の施工前の写真です
horizontal
after
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
5日
使用材料
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
施工内容その他
築年数
約20年
保証年数
工事費用
¥1,058,400-
建坪
71.1平米
ハウスメーカー
施工前のコロニアル瓦の状態です
高圧洗浄後のコロニアル瓦の状態です。

 今回の葺き替え工事は重ね葺き(カバー工法)と言い既存のコロニアル瓦屋根の上に粘着性ルーフィングを貼りその上にガルバニュウム製屋根材を葺いていきます。
 ルーフィングが貼りやすいように汚れや埃劣化した塗膜などをきれいに洗い流していきます。
屋根材の軒先基準になるスターターを取り付けます
スターターの取り付けです。

 スターターは軒先のコロニアル瓦に挟みこんでビスで留めますこのときコロニアル瓦がスターターの奥まで入っているのを確認してから固定します。
 最初のスターターが曲がっているとこの後貼るガルバニュウム材が斜めになってきれいに貼れません。
棟の垂木を取り付けてルーフィングを貼っていきます
棟板金止を撤去してルーフィングを貼りました。

 ルーフィングは万が一雨水がはいった事を考え軒先から貼っていきます。
軒先から屋根材を貼っていきます。
ガルバニュウム製屋根材を貼っていきます。

 今回は屋根材を千鳥に貼っていきます。材料は多少無駄にはなりますが見た目はとてもきれいに仕上がります。
軒先から屋根材を貼っていきます。
棟板金の垂木を取り付けました。

 垂木の取り付けは材料自体が木ですので墨を打って真っすぐ取り付けます。
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
けらば包み棟板金を取り付けました。

 けらば包みと棟板金、ケラバキャップを取り付けて施工がすべて終了しました。見た目もきれいになりましたがこれで雨、風、紫外線などから家全体を守ってくれます。
 

【工事完了後】

けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
千鳥に貼ってとてもきれいに仕上がりました。横暖ルーフきわみはメーカー塗膜保証10年で高耐久 高遮熱で建物の中に熱が入るのを防ぎます。これで安心して過ごせます。

同じ地域の施工事例

施工事例

宇都宮市で2階建て切妻、棟違い屋根の塗装工事をしました。

施工前の状態です
上塗りが完了しました
工事内容
屋根塗装
使用素材
ザウルスEX 屋根強化プライマー スパーシリコンルーフペイント
築年数
不明
建坪
保証
工事費用
施工事例

宇都宮市でアパートのコロニアル屋根修理・塗装・外壁塗装工事をしました。

施工前、アパート外観
塗装後、アパート外観
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
セラミックシリコン・スパーシリコン・ヤネ強化プライマー
築年数
建坪
保証
工事費用
147万円
施工事例

宇都宮市で木造2階建のコロニアル屋根塗装工事をしました。

施工前の洗浄中です
施工完了です
工事内容
屋根塗装
使用素材
ザウルスEX 関ペ屋根強化プライマー スーパーシリコンルーフ
築年数
不明
建坪
保証
工事費用
21万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

本日の施工前の状態です

日光市の45ロックルーフ瓦棒屋根カバー工事が完工しました。 本日の施工前の状態です。 瓦棒屋根のカバー工事が終了しましたので、既存板金部分の塗装に入ります。 既存板金は錆止めのみの塗装となっていましたので、今回は錆止めと保護塗料の2回塗りで...........

棟板金下地の取り付け中です

日光市で貫き板に棟板金を取り付けルーフ軒先側を加工しました。 棟板金の下地を取り付け中です。 幅105ミリの棟板金を固定する下地を、瓦棒に固定していきます。 

施工前の大屋根の状態です

日光市で大屋根の棟板金を撤去してから45ロックを貼り付けました。 施工前の大屋根の状態です。 下屋根のルーフ貼りが終了して、今日から大屋根のルーフを貼っていきます。 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259