オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

宇都宮市でノンアスベストスレート屋根のカバー工事をしました


工事のきっかけ

強風でスレート屋根が落ちてきたので現場調査の結果多数割れがあり、塗装では補修できないのでカバー工事になりました。

宇都宮市 屋根カバー工事,屋根塗装

ビフォーアフター

before
施工前の屋根の状態です
horizontal
after
2階屋根の板金取り付けが終了しました

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,屋根塗装
施工期間
7日
使用材料
2階ニチハ横暖ルーフS1階関ペザウルスEX、屋根強化プライマー、スーパーシリコンルーフ
施工内容その他
築年数
13年
保証年数
工事費用
約100万円(足場代込み)
建坪
ハウスメーカー
施工前の全景です
宇都宮市でノンアスベストスレート屋根のカバー工事をしました。
 施工前の全景です。
 2階造り切妻屋根の大屋根カバー工事で、1階の下屋根は塗装で仕上げます。
施工前の屋根の状態です
施工前の屋根の状態です。

 先日の強風でスレート屋根材が、飛んで落ちてきたので見て欲しいとの事で現場調査の結果、着工となりました。
 築13年との事で、アスベスト入りのスレート屋根材から、ノンアスベストに切り替わった時期で、耐久性に問題がるのか割れている箇所が多数見られました。
施工前の1階屋根の状態です
1階下屋根の施工前の状態です。

 苔が生えて黄色く見えるのが確認できます。
 ここは塗装で仕上げますが、高圧洗浄が出来る環境ではないので、ケレンしてから塗装で仕上げます。
既存棟板金を撤去しました
棟板金を撤去しました。

 既存の棟板金や役物を撤去して平らにしてから、ルーフィングの貼り付けに入ります。
棟木を撤去しました
棟木の撤去中です。

 棟板金下地の貫き板を、バールで取り外しました。
雪止めの撤去中です
既存雪止めの撤去中です。

 凹凸のある雪止めも、根元からサンダーで切り取り撤去しました。
ルーフィングを貼り付けました
ルーフィングを貼り付けました。

 スレート屋根の重ね葺きはタッカーでルーフィングを止められませんので、遅粘着型のアスファルトルーフィングを使い軒先側から貼り付け、屋根全体を覆いました。
棟木を取り付け中です
棟板金下地の取り付け中です。

 30×40ミリの垂木を片側2本並べるように固定して棟板金の下地にします。
 今回の大屋根は6寸勾配ですので、棟の中心は開けず垂木の側面を突き合わせるように固定しました。
スターターを取り付けました
水切りスターターを取り付けました。

 スターターを真っすぐに取り付けるように、既存のスレート屋根材の軒先に押し付けるように固定しました。
捨て谷を取り付けました
捨て谷を取り付けました。

 万が一これから取り付けるルーフと棟板金の間から雨水が入った時、捨て谷を伝って軒先まで運んでくれます。
谷樋を取り付けました
谷樋を取り付けました。

 棟側と軒先側を加工してから、既存野地板に棟板金を固定していきます。
谷樋にケミカル面戸を取り付けました
ケミカル面戸を取り付けました。

 谷樋の折り返し部分にルーフが乗ってきますので、ルーフと谷樋との間から雨水が侵入しないように、ケミカル面戸を取り付けました。
ルーフの加工中です
ルーフの加工中です。

 屋根傾斜を計算して、下り棟との間に隙間が開かないようにルーフを加工しました。
ルーフの固定中です
ルーフの貼り付け中です。

 ルーフの貼り始まりは、スターターの溝にルーフの爪を引っ掛けて、釘打ち機で固定していきます。
雪止を取り付けました
雪止めの取り付け中です。

 軒先から2枚目と3枚目に交互に雪止めを釘で固定しました。
 この場所の真下には2階の壁があり、柱や梁が入っていますので、雪の荷重で軒先が下がるのを防ぎます。
ルーフの貼り付けが終了しました
ルーフが貼り終わりました。

 大棟との取り合いは残り幅を測り、ルーフを加工してからビス固定しました。
ケラバ包みの取り付け中です
ケラバ包み板金の取り付け中です。

 板金下地の垂木の中心に釘を打ち付け、棟包み板金を固定しました。
 足で押し付け外側の面に合わせて釘固定してから、内側も固定しました。
剣先を取り付けました
剣先を取り付けました。

 出来合いの剣先を先が開かないように加工してから、棟木に左右均等に隙間が出来るように、釘固定しました。
棟板金を取り付けました
棟板金の取り付け中です。

 棟板金に重ね30ミリを取り、シーリング材を入れて繋いでから、大棟との取り合いを巴に納めました。
見切り縁にボンドを塗布しました
見切り縁にシーリング材を塗布しました。

 谷樋に乘ったルーフの切り口を隠すために、見切り縁にシーリング材を塗布して、落ちないように取り付けていきます。
 ルーフの切り口にも10ミリほどの立ち上がりを作り、見切り縁の溝に引っ掛け固定します。
見切り縁の取り付けが終了しました
見切り縁の取り付けが終了しました。

 ルーフの切り口が隠れて、きれいに仕上がりました。
2階屋根の板金取り付けが終了しました
大屋根のルーフ貼り付けが終了しました。

 ルーフ貼り付けと役物取り付けが終わり、板金納めが終了しました。
釘頭のシーリング終了です
釘頭のシーリングです。

 釘抜けと雨水侵入防止のために、釘頭全てにシーリング材を塗布しました。
板金繋ぎ目のシーリングが終了しました
シーリング処理をしました。

 板金同士の繋ぎ目や隙間など、雨水が入りそうな場所にシーリング材を塗布して防水処理をしました。
タッチアップが終了しました
タッチアップをしました。

 作業中に出来た小さな傷を隠すために、専用補修塗料を使い傷を消していきます。
1階屋根のケレン中です
1階屋根のケレン中です。

 真下が道路で高圧洗浄で来る環境ではないので、ケレンして苔や浮いた塗膜を落としていきます。
1階屋根の板金錆止め塗装中です
板金の錆止め塗装中です。

 今回使用した錆止め塗料は関西ペイントのザウルスEXで、エポキシ樹脂系塗料の為、錆を抑えるだけでなくこれから塗装する中塗り塗料との密着性を向上させます。
1階屋根のプライマー塗装中です
スレート屋根のプライマー塗布中です。

 傷んだスレート屋根材を蘇らすために、エポキシ樹脂系の屋根強化プライマーを塗布し、スレート屋根材表面をカチカチに固めて吸い込みを無くし、ムラなく仕上げます。
1階屋根の中塗り終了です
1階屋根の中塗りが終了しました。

 今回使用した中塗り塗料は関西ペイントのスーパーシリコンルーフで屋根に特化した塗料の為、紫外線による劣化に強く長期間にわたりスレート屋根素地を守ります。
1階屋根の上塗り終了です
1階屋根の上塗り塗装が終了しました。

 中塗りが完全に乾燥してから上塗りをしました。

【工事完了後】

2階屋根の板金取り付けが終了しました
1階屋根の上塗り終了です

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

同じ地域の施工事例

施工事例

宇都宮市でカラーべニア製軒天の重ね葺き工事をしました。

軒天の破損個所です
軒天重ね貼りの完工です
工事内容
その他の工事
使用素材
化粧べニア3ミリ、見切り縁材6×19ミリ
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約40万円(足場12万円込み)
施工事例

宇都宮市で2階建て切妻、棟違い屋根の塗装工事をしました。

施工前の状態です
上塗りが完了しました
工事内容
屋根塗装
使用素材
ザウルスEX 屋根強化プライマー スパーシリコンルーフペイント
築年数
不明
建坪
保証
工事費用
施工事例

宇都宮市でアパートのコロニアル屋根修理・塗装・外壁塗装工事をしました。

施工前、アパート外観
塗装後、アパート外観
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
セラミックシリコン・スパーシリコン・ヤネ強化プライマー
築年数
建坪
保証
工事費用
147万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

施工前の全景です

真岡市で平板屋根葺き替え工事と外壁塗装工事の着工です。 施工前の全景です。 洋風の2階造り住宅で乾式平板瓦からガルバニュウム製横葺き板金屋根に葺き替え工事の着工です。

本日の施工前の状態です

高根沢町の屋根カバー工事で玄関の雨樋を取り付けました。 本日の施工前の状態です。 昨日、途中で終了した壁水きりの取り付けからです。

ルーフの貼り付け中です

高根沢町で横暖ルーフSにケミカル面戸と板金を取り付けました。 1階屋根のルーフ貼り付け中です。 下り棟下地との角度を測りルーフを加工してから、釘打ち機で有効幅260ミリを確認してから貼り付けていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宇都宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-7259