下野市の板金屋根の重ね葺き工事で野地板とルフィングを貼りました

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

破損箇所です
破損箇所です。

 先日の台風で1階の瓦棒板金屋根の棟板金が飛んで、棟から雨水が入り雨漏りしました。今回、下屋根の板金屋根を横葺きガルバニュウム屋根材の、ニチハ横暖ルーフSに重ね葺きすることになりました。
心木を取りつけました
心木を取りつけました。

 野地板を貼り付ける為、ケラバ側に心木と同じサイズの30ミリ×40ミリの角材を取り付け、瓦棒と同じ高さに調整しました。
野地板を貼りました
野地板を貼りました。

 軒先をスターターを取り付ける為20ミリ出し、瓦棒の心木にビスが効くように65ミリのビスで固定していきます。
ケラバを加工し取りつけました
ケラバ側を収めました。

 455ミリ間隔の心木にさぶろく版のコンパネを貼るためケラバ側に隙間ができるのでコンパネをカットして取り付け段差を解消しました。
ルーフィングを軒先から貼っていきます
ルーフィングを貼りました。

 軒先にスターターを取り付ける為の20ミリの余裕を持たせて、ルーフィングを直線状に貼り付けていきます。
屋根の形状に合わせてルーフィングを貼っていきます
軒先の収まりです。

 ルーフィングを屋根の形状に合わせて貼りました。重ねを100ミリ取り軒先側から貼っていきます。
棟にルーフィングを被せました
棟を被せました。

 左右の軒先から貼ってきて、最後に棟にルーフィングに被せました。これで万が一ルーフの間から雨水が入っても軒先まで運んでくれます。
ルーフィングの貼り付けが終了しました
ルーフィングの貼り付けが終了しました。

 雨が降ってきました。
 今日はここまで
 また明日。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宇都宮市でコロニアル屋根からガルバニュウムに重ね葺きしました

コロニアル屋根の施工前の写真です
けらば包み棟板金を取り付けて終了です。
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ニチハ 横暖ルーフ きわみ Kブラック
築年数
約20年
建坪
71.1平米
保証
工事費用
¥1,058,400-

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

壁水切りを繋ぎました

壁水切りを繋ぎました。  重ね寸法の水きり部分の下側に、切り込みを入れて板金同士に隙間ができないように取りつけました。

貫き板を取りつけました

板金下地の貫き板を取りつけました。 下屋根の寄棟部分のルーフを突き付けて取り付け、墨に沿って貫き板を取りつけました。木材が曲がっているのを直しながら、真っ直ぐに取りつけます。

棟板金の巴を加工しました。

棟板金を加工しました。 棟板金とけらば包みの取り合いを、棟板金を加工して収めました。寸法を測り、けらば包みに噛みこませ固定しました。